輪切りレモンの簡単な飾り切り、蝶々の切り方手順

スポンサーリンク


果物の飾り切り、レモンの切り方とコツ

今回の飾り切りは包丁で2回切り込むだけの簡単な切り方をご紹介したいと思います。このレモンは和食の刺身など以外にレモンティーを注いだカップに差したりすることもできます。

そして、カクテルグラス、ロックグラス等のガラス食器に和え物などを入れて縁にレモンを差し込むと、見栄えが良くなりますので洋風の盛りつけにもお役立てください。

輪切りレモンの簡単な飾り切り手順~蝶々の切り方

レモンの切り方~果物の飾り切り

【1】まず、レモンを約1㎜の厚さにスライスしてください。

レモン,飾り切り

↓↓↓

レモン,飾り切り

【2】次に、レモンの中心部分から外側の皮に向けて一か所切り込みを入れてください。

レモン,飾り切り

【3】そして、器に盛りつける際に【2】の切り込んだ部分を両側に広げると「レモンの蝶々」が完成します。

レモン,飾り切り

■ グラスやカップを使った盛りつけを立体的に見せる場合は、器の縁に切り込んだ部分を差し込んでください。

今回の飾り切りはレモンを輪切りにして切り込みを入れるだけの簡単な切り方ですので、料理の盛りつけ飾りの参考にされてはいかがでしょうか。

注:包丁には十分注意して手をけがしないように仕上げてください。

【関連】⇒果物の飾り切り

⇒「酢の物の合わせ酢、割合一覧

■⇒野菜の飾り切り手順一覧

和食の飾り切り、むきもの道具一覧

◎【次の切り方を見る⇒手順とコツ一覧へ】

次回は違う飾り切りでお目にかかりたいと思います。

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報