スポンサーリンク

杉盛り(すぎもり)の意味とは【和食の料理用語集】

今回は盛りつけ方法の【杉盛り】の意味をご紹介したいと思いますので参考にされてはいかがでしょうか。【杉盛り(すぎもり)とは】小鉢に和え物や酢の物を盛るときの基本の形で、山型にうず高く盛りつけ、杉形(すぎなり)に盛るという意味があります。杉形(すぎなり)とは、杉の立木のように上部を細くした形をいいます。

皮はぎのから揚げの作り方手順

今回は骨付きの皮はぎを醤油をきかせた合わせ調味料につけ込む「から揚げ」をご紹介したいと思いますので、揚げ物の献立や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。揚げ物の献立、皮はぎの唐揚げの作り方手順

上身(じょうみ)の意味とは【魚と鶏肉】それぞれの上身の特徴

魚や鶏肉の骨、内臓などの不可食部を取りのぞいて、そのまま調理して食べられる状態に処理した身のことをいいます。また、同じ漢字を書く上身(うわみ)とは混同されやすいですが、こちらは魚を盛りつけるさいに頭を左にして腹を手前に向けると、中骨を挟んで左側の身が上になります。この状態から左側の身が上身(うわみ)となり、右側の身は下身(したみ)という呼び方をします。

スポンサーリンク