スポンサーリンク

すしの意味や歴史を解説【現在の種類と経緯など】料理の雑学、豆知識集

鮨、鮓、寿司【すしとは?】魚を飯とともに漬け込み、発酵させて酸味を生じさせたもの、または酢などで調味した飯に魚介や野菜等を加えた料理のことです。すしは「酢し」の意であり、女房詞(にょうぼうことば)で「すもじ、おすもじ」ともいいます。すしの歴史は古く、

鍋物に使う【ちりれんげの歴史と語源】和食の料理用語集

今回は鍋物やご飯物を食べるときに使う「ちりれんげ」の歴史と語源をご紹介したいと思いますので、料理雑学の参考にされてはいかがでしょうか。料理の雑学、豆知識■ちりれんげとは■ちりれんげの歴史■ちりれんげの語源、由来【関連】鍋料理を作る時の調味料割合、煮汁や鍋だしの配合50音順一覧

料理用語の【あしらいの意味とは】

あしらいとは、器に盛りつけた料理を一層引き立てる目的で添える「野菜類や花」などの総称です。また「あしらう」という言葉には、とり合わせるといった意味があり、季節の葉を料理にあしらう、飾りに花をあしらう等の使い方をします。【関連】和食の飾り切り手順一覧 ■≫食材の下処理方法一覧を見る

刺身(さしみ)の語源、由来とは!和食の料理用語集【向付】

刺身(さしみ)とは和食の代表的な料理のひとつで、魚介類を生食する「なますの一種」に入り、さしみなますと呼ばれていました。刺身の語源には、切り身にその魚のヒレを刺して盛りつけたという説と切るという言葉を忌み嫌って刺すに言いかえた説の2つがあります。

スポンサーリンク