鮎雑炊の作り方(あゆぞうすいのつくりかた)

夏の食材【鮎(あゆ)】

鮎雑炊

今回は鮎雑炊の作り方を簡単にご紹介したいと思いますので、夏の献立やご飯物などの参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

鮎雑炊の作り方手順

鮎を焼く工程

三枚におろして骨を取り除いた鮎にうす塩を振り、30分程度おいてから焼いてください。

雑炊だしの分量割合

鮎のだし 500㏄
白だし 500㏄
大さじ1杯
うす口醤油 大さじ1杯
みりん 小さじ1杯
小さじ1杯

仕上げの工程

ひと煮立ちさせた煮汁に水洗いしたご飯を入れ、さいど温度が上がったところに1.5㎝に切った三つ葉の軸を加えてください。

そして、鍋全体に溶き卵を回しかけるように入れながら火を通し、器に盛りつけて焼いた鮎をのせると完成です。

鮎雑炊

■土鍋で作ってそのまま提供する場合は、焼き鮎を鍋に入れてから卵を加えてください。

鮎に関連した料理内容一覧

鮎素麺の作り方

鮎素麺

野菜の飾り切り方法一覧【料理作りに必要な詳しい切り方手順とコツ285+30種】本記事では、よく使う野菜の切り方や簡単な飾り切り方法、細工切り等を集めましたので季節演出や盛りつけ飾りの参考にされてはいかがでしょうか。※包丁には十分注意して「ケガ」をしないように仕上げてください。

簡単な合わせ調味料割合一覧表

天だしの作り方,天つゆをこす工程

鮎の串打ち方法の細かい手順

【鮎の串打ち手順】金串が鮎のどの部分を通って進むのかを見えるように細かく解説しておりますので串打ちの参考にされてはいかがでしょうか。日本料理店で塩焼きに使う■踊り串■うねり串■のぼり串■化粧塩■焼くときコツ

【参考】

料理別の調味料割合を見る

夏の食材50音順一覧

夏の献立一覧

他の料理内容につきましては≫「本サイトの料理内容一覧」に掲載しておりますので、お役立ていただければ幸いです。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク