スポンサーリンク

1月15日に小豆の入ったおかゆを食べる理由とは【小正月の料理雑学、豆知識】

1/15に小豆がゆを食べる理由とは「小豆がゆの由来」小豆がゆは1月15日の「小正月」を祝って食べられる料理で、別名を「15日がゆ」ともいい、元来は農耕神事としての習慣でした。そして、小豆がゆを炊くときに使う粥杖(かゆつえ)と呼ばれる棒で、その年の吉凶を占い、五穀豊穣と子孫繁栄を神に願うという意味が込められています。

温かいそばだしの簡単な作り方と割合

【蕎麦出汁(そばだし)の作り方と割合】今回は、温かいそばだしの簡単な作り方と割合をご紹介したいと思いますので、麺類の献立や年越しそばの参考にされてはいかがでしょうか。醤油は濃口、うす口のどちらでも大丈夫ですので、好みにより使い分けてください。

おせち料理や祝膳に昆布巻き,だて巻きなどを使う意味と理由とは

料理の雑学、豆知識【和食の料理用語集】おせち料理の重箱に昆布巻きや伊達巻き(だてまき)などの巻いた料理を使う意味と理由■昔は文章を記すさいに巻き紙に文字を書いていましたので、その名残りから巻いた料理は文物、すなわち文化を表しています。そして、これらを新年の祝い料理に入れることで

スポンサーリンク