スポンサーリンク

春の和え物お献立【湯葉と一寸豆の東寺和えの作り方】

春の献立【和え物レシピ】今回は湯葉と春食材の一寸豆を使った「東寺和え」をご紹介したいと思いますので、和え物の献立作成や小鉢料理の参考にされてはいかがでしょうか。一寸豆の東寺和えの作り方 ①一寸豆の下処理工程 ②湯葉の和え衣を作る工程【関連】東寺和えの語源とは ≫

料理別の簡単な合わせ調味料割合一覧表

料理別の簡単な合わせ調味料割合【一覧】今回は、だしに醤油とみりんを加える「簡単な煮汁割合」を一覧表にいたしましたので、料理作りの参考にされてはいかがでしょうか。【関連】他の料理別、調味料割合はこちらに掲載しておりますのでお役立てください。

春の焼き物や和え物に使える【ふきのとう味噌の作り方】

今回は晩冬から市場に出回る蕗の薹(ふきのとう)を使った合わせ味噌をご紹介したいと思いますので、春の献立作成や焼き物の参考にされてはいかがでしょうか。春食材の合わせ味噌【ふきのとうの下処理工程】手順①最初に、ふきのとうを細かく刻んで灰から取った上澄み液(灰あく汁)または重曹を少量加えた湯を沸かしてください。

ふきのとうの天ぷらを作るときの下処理と揚げ方のコツ

今回は蕗の薹(ふきのとう)の天ぷらを作るときの簡単なコツをご紹介したいと思いますので、揚げ物の献立作成や春会席の参考にされてはいかがでしょうか。和食の揚げ物レシピ【ふきのとうの天ぷら手順とコツ】下処理工程①最初に、ふきのとうを丸のまま、またはつぼみを1枚ずつ外側に開いてください。

鰰(はたはた)の風干しを作るときに塩味をつける方法と目安時間

今回は、鰰(はたはた)の風干しを作るときに塩味をつける方法をご紹介したいと思いますので、焼き物の献立や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。和食の焼き物レシピ【生はたはたの風干し手順】塩味をつける工程【1】最初に、水1000㏄に対して20gの塩を加えて「食塩水」を作ってください。

日本料理の点心(てんしん)の語源、意味、由来とは【和食の料理用語集】

【点心(てんしん)とは】空腹時にとる軽食を意味する言葉で「てんじん」ともをいいます。【日本に伝わった歴史】禅の渡来と共に中国から伝わった言葉とされ、禅家が発祥の間食を意味する「禅用語」です。【点心の語源】空腹時にとる軽食ですので、気力が低下している状態で「する事や考える事がなく、心が空になっている時に点ずる」⇒(空心を点ずる)ということから点心の名があります。【点心の主な概要】

スポンサーリンク