うなぎとごぼうの玉子とじ【柳川風鍋の作り方と煮汁割合】

【柳川風鍋】

今回は、鰻(うなぎ)と牛蒡(ごぼう)の玉子とじをご紹介したいと思いますので、夏の献立や土用の丑の日にお役立てください。

スポンサーリンク

うなぎの柳川風鍋の作り方

【材料】

うなぎの蒲焼き

笹がきごぼう、三つ葉、玉子

柳川鍋は1人用の土鍋があると、見栄え良く簡単に作れます。

煮汁を作る工程

【1】最初に、だしと調味料を合わせて煮汁を作ってください。

煮汁の割合
だし 400㏄(8)
薄口醤油  50㏄ (1)
みりん  50㏄ (1)
砂糖 小さじ1杯(適量)

■( )内の数字は比率です。

※ 砂糖は、うなぎの蒲焼のたれが甘い場合は加えなくても大丈夫です。

具を鍋に入れる工程

【2】次に、笹がきごぼうを鍋底に平たく敷き、ひと口大に切った蒲焼を並べて煮汁を加えてください。

うなぎの柳川鍋の作り方手順,煮汁を入れる工程

【参考】

笹がきごぼうの詳しい切り方手順

ごぼうの繊維が気になる場合は、下準備の段階で火を通してください。

柳川鍋の作り方,笹がきごぼうを煮る工程

溶き玉子でとじる工程

【3】鍋を中火にかけて煮汁をひと煮立ちさせ、溶き玉子を全体に回しかけながら3割ていど火を通して、素早く火を止めてください。

うなぎの柳川鍋の作り方手順,玉子でとじる工程

土鍋は火を止めてからも温度が下がりにくいですから、煮汁が吹きこぼれないように気をつけてください。

【4】最後に、2~3㎝に切った三つ葉を加えると完成です。

うなぎの柳川鍋の作り方手順,玉子でとじた完成写真

■ 1人前の土鍋を使用する場合は溶き卵を加えてから素早く火を止めてください。

そうすると、食べるときに丁度良い半熟状態に仕上がりますので、粉ざんしょうや七味唐辛子などをお好みで添えてください。

玉子とじのポイント

■ 溶き玉子は、煮汁がしっかりと煮立っているところに入れてください。

これは、煮立てずに玉子を入れると火を通すのに時間がかかって丁度良い半熟状態に仕上がらないためです。

また、鍋のふちの玉子は早く固まりますが、中心部は火が通りづらいですから、外側から全体に行き渡るように回しかけてください。

柳川鍋の語源、由来2つとは

名の由来には2つの説があり、ひとつは江戸、日本橋横山町の「柳川」という屋号のお店が創案した料理という説、もうひとつが福岡県、柳川産の土鍋を使ったからという説です。

また、柳川鍋は別名を「どじょう鍋」ともいい、本来は、どじょうとごぼうを玉子でとじた料理をさします。

したがいまして、うなぎの場合は献立名に「柳川風鍋」と書くこともありますので参考にされてはいかがでしょうか。

【関連】

夏の料理一覧

今回は「夏食材」を使った魚料理の作り方や関連記事を集めましたので、献立作成や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。【夏の魚料理の作り方】レシピ一覧■各料理内容に移動いたします。

夏の野菜関連レシピ一覧

【参考】

夏の食材50音順一覧表

煮物に使える飾り切り一覧

料理別の調味料割合と配合一覧

鍋料理を作る時の煮汁割合一覧

今回は、うなぎの柳川風鍋をご紹介いたしました。

他の鍋料理につきましては≫「鍋物レシピの関連一覧」に掲載しておりますのでお役立ていただければ幸いです。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク