鮒鮓(ふなずし)の意味【滋賀県の名物料理のなれずし】

 
■ 当サイトをご覧の方々並びに全国の皆様におかれましては、お身体に十分注意していただきたく存じます。
 

料理の雑学、豆知識

和食の料理用語

鮒鮓(ふなずし)とは

鮒(ふな)を使ったなれずしのことで、琵琶湖や河川で獲れた「子持ちのげんごろうぶな」を用います。

■ 滋賀県の名物として広く知られており「近江のふなずし」ともいいます。

作り方

卵巣以外の内臓と鱗(うろこ)を取って塩漬けにしたふなを、米飯とともに半年から1年ていど漬け込み、この熟成期間に自然発酵させて作ります。

日本最古のすしともいわれており、薄切りにして食べるのが一般的ですが、お茶漬けの具などにも用います。

本場の滋賀県では、漬け込みに使用した米飯をすまし仕立ての吸い物に少し入れたり、そのまま食べる方々もおられます。(私の親せきが数10年前まで滋賀県でふなずしを漬けており、小さい頃に樽ごともらっていましたが、においと酸味が強く、食べなれていないとかなり厳しいです※親せきは米飯を入れた吸い物を旨いと言いながら飲んでいましたが、私には理解不能)

【追記】

現地には川魚の鰣(はす)を用いて同じように作ったものもあり、こちらは「はすずし」と呼ばれています。

■ 鰣(はす)は体長約30㎝のコイ科の淡水魚で、別名をハソ、ケタ、ケタバスといい、春先から夏にかけてが旬です。(塩焼き、から揚げ、魚田、煮つけなどの用途がある)

すしの意味や歴史などを解説

現在の種類と経緯等の詳しい内容

寿司の作り方関連一覧へ

滋賀県の郷土料理や名物など一覧

47都道府県別 郷土料理一覧表

【日本全国の名物料理まとめ】

郷土料理は各地方で独自に発展しているため、地域によって材料や作り方などが多少異なる場合があります。

鮒の味噌蒸し(ふなのみそむし)

鮒の子付き洗い(ふなのこつきあらい)

【関連】

野菜の飾り切り方法100選

【基本手順と切り方のコツ一覧】

今回は本サイトや姉妹ブログでご紹介しております料理用語をまとめましたので、献立作成や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。和食の語源、意味、由来【項目別の料理用語集一覧】■各 料理用語に移動いたします。

和食の献立、料理用語集

献立別の料理用語集一覧へ

和食の焼き物手法

【串の打ち方と名称一覧】

【茶懐石料理とは!】

茶懐石料理の由来、献立の名称と順番

【会席料理と懐石料理】

2つのかいせき料理の相違点とは!

【料理用語関連】

料理の雑学、豆知識一覧

【あ段~わ段】

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】

【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】

料理用語集 50音検索

【参考】

閲覧数が多い記事一覧

飾り切り方法と細工料理

料理別の調味料割合を見る

他の料理内容やレシピ等につきましては≫「本サイトの料理内容一覧」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。