料理用語辞典50音順【み~】調理雑学~語源 由来 豆知識 検索

料理用語辞典【み~】基本~応用

和食調理で多く使われる料理用語、語源、意味、由来などを50音順にご紹介しております。

また、料理用語に関連した作り方やコツなども掲載しておりますので、必要な調理用語を目次からお選んでお役立てください。

スポンサーリンク

料理用語辞典、語源、由来、調理法、豆知識50音順検索【み】~

みがきごぼう「磨き牛蒡」

細いゴボウをこすり洗いして白くしたもので、笹がきゴボウなどにすぐ使えます。

みがきごま「磨き胡麻」

白いゴマの皮をむいて精製したものです。

みがきにしん「身欠き鰊」

ニシンを乾燥させた加工品で生干しと本干しの2つがあります。

生干しの方はそのまま使えますが、本干しは米のとぎ汁に一昼夜浸けておき、そのままゆでてやわらかくもどして使います。

みじんぎり「微塵切り」

食材を細くせん切りにしたあと、さらに小口から細かく切り刻むことで、しょうがや玉ねぎなどに多く用いられます。

【関連記事】

和食の基本【30種】

野菜の切り方25種+むき方 5種

みじんこ「微塵粉」

いり種の一種で、蒸したもち米を乾燥させて細かく砕いたものです。

和菓子の原材料として、らくがんなどに使われています。

みじんこあげ「微塵粉揚げ」

変わり揚げのひとつで、材料に打ち粉をし、みじん粉をつけて揚げたものです。

【次のページ】

料理用語の基礎知識【みす】~⇒

■⇒料理の雑学一覧

料理用語【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

料理の語源、意味、由来、豆知識 50音

和食調理にお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク