細い笹がきごぼうの切り方とコツ,短くなったときの対処法

笹がきごぼうの切り方手順

今回は笹がきごぼうの切り方と、ごぼうが短くなってからのコツを、画像と一緒に詳しくご紹介したいと思いますので、和食調理にお役立てください。

スポンサーリンク

野菜の切り方とコツ

笹がきごぼうの詳しい切り方

【1】最初に、ごぼうを水洗いして土をおとしてください。

そして、太い部分に浅い切り込みを入れてください。

ごぼう,笹がき

■ 切り込みは、ごぼうの太さに対して、深さ1/3ていどに入れてください。

ごぼう,笹がき

※ 深く入れすぎると、切っている途中でごぼうがばらけてしまいますので、浅い部分は、あとから少しずつ入れてください。

【2】次に、ごぼうの細い方に向けて、クルクルと回しながら「えんぴつ」を削るように切り進んでください。

■ このとき、力を入れたり、刃を下に向けると太くなりますので、表面をなでるように削れる分だけ切ってください。

ごぼう,笹がき

そして、削ったあと、素早く水に浸けてください。

■ ごぼうはアクが強くて変色しやすいですから、切れた分はこまめに浸けてください。

ごぼう,笹がき,アイキャッチ

【3】このあと、短くなるまで、そのまま切り進んでください。

ごぼう,笹がき

そして、持ちにくい長さになったところで、まな箸や竹串を、削っていない方に刺しこんで、手で持てるようにしてください。

■ 今回は、まな箸を使用しております。

ごぼう,笹がき

【4】刺したあとは、同じ要りょうで切り進んでください。

ごぼう,笹がき

【5】そして、ごぼうのぎりぎりまで切ったところで、箸を抜いてください。

ごぼう,笹がき

【6】このあと、半分に切り分けて薄く刻むと「笹がきごぼう」の完成です。

ごぼう,笹がき,完成

注:包丁には十分注意して、手をケガしないように仕上げてください。

【関連】

○「野菜の飾り切り、手順とコツ一覧

○「刺身の盛りつけに役立つわさび台

次の切り方を見る⇒飾り切りのコツ一覧

次回は違う飾り切りでお目にかかりたいと思います。

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報