刺身醤油、土佐醤油の調味料割合【和食調理と配合レシピ】

スポンサーリンク


「自家製、刺身醤油の調味料割合」

今回は刺身用醤油の割合をご紹介したいと思いますので、料理作りにお役立てください。

和食の調味料割合と配合

刺身醤油の割合

濃口醤油 2升
たまり醤油 1升
煮切り酒 3合
かつお節 適量
だし昆布 適量

■ かつお節と昆布はだしを取るときと同じ位の量で一度合わせ、旨味が薄い場合は分量を増やしてください。

「かつお節と昆布の目安分量」

液体分量1ℓ(1000㏄)に対してかつお節約20gと、だし昆布8~10㎝角1枚を目安にしてください。

※ かつお節と昆布の量は素材が持っている旨味の濃さや、液体調味料の種類により分量がかわりますので、そのつど調節してください。

そして、合わせるときに使う容器はできるだけアルミ製の物を避けるようにしてください。

■ アルミ製容器を避ける理由は醤油の酸度が強いためで、ポン酢などを合わせる場合は酢も加えますので、アルミ容器は使わないようにしてください。

【関連】

⇒「和食の合わせ酢~割合4つ

~「ポン酢、土佐酢、二杯酢、三杯酢

【参考】

⇒「和食の献立集、料理一覧

刺身醤油の作り方につきましては≫「刺身醤油の簡単な割合と作り方手順」に掲載しております。

また、他の割合につきましては≫「和食を作るときの調味料割合と配合一覧」に掲載しておりますのでお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報