鮬(せいご)とは【和食の料理用語集】

 
■ 当サイトをご覧の方々並びに全国の皆様におかれましては、お身体に十分注意していただきたく存じます。
 

【鮬(せいご)の意味】

和食の料理用語集

鮬(せいご)とは

すずきの幼魚のことで、2歳位までをいい、すずきの中では一番小さいです。

■ 出世魚のすずき

せいご≫ふっこ≫すずきの順番です。

■ 出世魚で有名なブリの場合

「関西地方」

ツバス≫ワカサ≫ハマチ≫メジロ≫ブリ

ブリの場合は関東と関西で呼び名が異なり、関東地方では20㎝前後をワカシやワカナゴ、40㎝位までをイナダ、60㎝位をワラサ、90㎝以上をブリと呼んでいます。

【関連】

料理の雑学、豆知識一覧へ

【あ段~わ段】

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】

【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】

料理の語源、意味、由来 50音一覧へ

献立別の料理用語集まとめ

【和食の調味料割合】

料理別の調味料割合を見る

野菜の飾り切り100選を見る

他の料理用語につきましては≫「和食の献立用語集一覧」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。