白みそ仕立ての椀物を作るときの調味料割合と方法2つ

スポンサーリンク


「白みそ仕立ての汁物」

今回は白みそを使った椀物の割合を2種類ご紹介したいと思いますので、和食調理にお役立てください。

和食の椀物「みそ仕立て」

白みそ仕立ての調味料割合

割合①

だし(二番だし) 1000㏄
白みそ 180~200g

■ こちらの①は、基本的な割合の一例です。

作り方は、だしに「白みそ」を溶いたあと、追いがつおをして旨味を加え、目の細かいザルで一度こしてください。

そして、温めた具を椀に盛ったあと、沸騰させないよう加熱して、この汁をそそいでください。

「雑煮椀の盛りつけ例」

※ 白みそ分量に幅があるのは、個々の食材で味の濃さが異なるためです。

割合②

だし(二番だし) 1500㏄
白みそ 220~240g

■ こちらの②は、みそのコクを出すときの割合です。

作り方は、白みそを溶いたあと、中火ていどの火加減でじっくりと加熱し、だしを最初の約2/3まで煮つめてください。

「調理例」

鯉(こい)を使った汁物の「鯉こく」を作るときは②の割合で火を通しながら魚の旨味を出してください。

■ 今回の内容に関連した記事 ■

赤みそ仕立て(赤だし)の割合

鯉こくの語源、由来【椀物 料理用語集】

【割合と配合関連】

煮汁の割合一覧表

焼きだれの割合一覧

合わせ酢の割合一覧

揚げ物用つけ塩一覧

割合と配合集【50音】一覧へ

他の割合につきましては≫「和食を作るときの調味料割合と配合一覧」に掲載しておりますのでお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報