外郎(ういろう)の語源、由来とは【和食の料理用語集】

 
■ 当サイトをご覧の方々並びに全国の皆様におかれましては、お身体に十分注意していただきたく存じます。
 

【外郎(ういろう)の意味】

和食の料理用語集

外郎(ういろう)とは

上新粉、白玉粉、砂糖、くず粉などを混ぜて練ったあと蒸し上げたお菓子のことで、昔は黒砂糖で作っていました。

名の由来

鎌倉時代に元から伝わった薬の外郎に、姿が似ていたことからこの名がついたとされます。

献立別の料理用語集一覧を見る

献立名の意味一覧【先付け~甘味】

料理の雑学、豆知識一覧を見る

料理用語【あ段~わ段】

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】

【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】

料理の語源、意味、由来 50音一覧へ

【調味料割合】

和食の調味料割合と配合一覧

【四季の食材】

季節別、旬の食材一覧表

【飾り切り方法】

野菜飾り切り方法とコツ100選

今回は外郎(ういろう)の意味をご紹介いたしました。

他の料理用語につきましては≫「料理の語源、意味、由来一覧」に掲載しておりますのでお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。