くわいせんべいの作り方【前菜や揚げ物のあしらい手順】

スポンサーリンク



冬の献立「揚げ物調理法」

今回は、くわいを油で揚げる「せんべい」の作り方をご紹介したいと思いますので、前菜の一品や揚げ物のあしらいなどにお役立てください。

和食の献立、揚げせんべい

くわいせんべいの作り方手順

【1】最初に、くわいの皮をむいてください。

くわいの皮むき方法につきましては≫「六方くわいのむき方手順とコツ」に掲載しておりますので参考にしてください。

【2】次に、くわいを1㎜の幅で切り分けてください。

■ このとき、うすく切りすぎると、揚げたときに縮んで小さくなります。

そして、厚く切ると、カリッとなるまでの揚げ時間が長くなって色がつきすぎ、食感もかたくなりますので注意してください。

【3】そして、切ったくわいを水でさらして、余分なデンプン質を取ってください。

【4】このあと、165℃に熱した油に重ならないよう1枚ずつくわいを入れて、泡が出なくなるまで揚げると「くわいせんべい」の完成です。

写真のピーマンは松葉型に切ってのりを巻き、油で揚げております。

⇒「松葉ピーマンの作り方

【関連】

⇒「冬の飾り切り方法一覧

⇒「松かさくわいの切り方3種類

⇒「松かさくわいを煮る方法と割合

【絵馬の切り方】

⇒「お雑煮や正月の煮物飾り、絵馬人参

⇒「くわいの切り方~六方むきの手順

⇒「くわいの煮汁、調味料の割合

■くわいの色付け方法につきましては≫「くわい、栗にくちなしの実で色付けする方法」に掲載しております。

注:揚げ油と包丁には十分注意して、ケガとヤケドをしないように仕上げてください。

今回は「くわいせんべい」の作り方をご紹介いたしました。

他の揚げ物につきましては≫「揚げ物レシピの一覧」に掲載しておりますので、お役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク