和食で健康的な食生活の基本を支える~5大栄養素と身体

スポンサーリンク



和食で健康的な食生活

基本を支える~5大栄養素

私たちが健康的な生活をおくるためには、毎日の食事からさなざまな栄養素をバランスよく摂取することが必要になります。

健康な身体づくりのための食事はバランスが大事

「5大栄養素をバランス良く」

糖質、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルは5大栄養素と呼ばれ、これらの栄養素は身体をつくる基となり生理機能を整えてくれます。

また、身体を動かすエネルギーを生み出すという大切な役割も担っています。

そして、健康的な食生活とは、この5大栄養素を過不足のない適量で摂取することが基本になります。

1日30品目が目安

食ベ物に含まれる成分は、それぞれ異なりますので偏った食生活ではバランスのとれた栄養素を摂取することができません。

そして、必要な栄養素を満たすためにとる食品の目安は、一般的に1日当たり約30品目といわれています。

また、ここでの食品とは料理を構成している素材を指し、基となるのは穀物、肉類、魚類、野菜、豆類、卵、乳製品などで、それぞれをバランスよく取り入れることが大切です。

栄養を摂取しないと、さまざまな病に

ダイエットで食事制限をしたり、食べない日がたび重なれば必要量の栄養素がとれなくなって臓器が正常に機能しなくなります。

ビタミンCが不足すれば、ウイルスに対する抵抗力が弱まり、鉄分が足りないと貧血状態に陥ることもあります。

カロリーオーバーは、病の大敵

食事をする際は、腹8分目が理想的とよくいわれています。

食べ過ぎは生活習慣病の大敵で、糖尿病や動脈硬化の要因はカロリー・脂肪分のとり過ぎが要因となります。

また、過食によって塩分の摂取量が増えると高血圧症を招きやすくなります。

ですから、料理をされる前から身体に必要な栄養素のことを考え、バランスのよい食事を心がけてください。

このようなことから、身体に必要な栄養素を摂取するのに和食が適しているのではないかと思います。

次の記事

栄養を意識して料理を作ると自然に心と身体が元気になる

最後まで閲覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク