蛤(はまぐり)の吸い物を食べやすくする【かくし包丁手順】

 
■ 当サイトをご覧の方々並びに全国の皆様におかれましては、お身体に十分注意していただきたく存じます。
 

春の食材「蛤(はまぐり)」

今回は、はまぐりの吸い物を作るときに食べやすくする「かくし包丁」をご紹介したいと思いますので、椀物の献立や和食調理にお役立てください。

和食のかくし包丁

椀物の調理法「はまぐり編」

【1】最初に、はまぐりに火を通して、身を殻から取り出してください。

■ はまぐりに火を通したあと殻から身を取り出しておくと、吸い物を食べるときに貝を手で持たなくてすみ、食べやすくなります。

はまぐりだしの取り方と割合

【2】次に、貝のかたい部分に切り込みを数か所入れてください。

「この部分が少しかたいです」

↓↓↓

↓↓↓

はまぐりのかくし包丁

【3】そして、殻の中にもどしていただくと「はまぐり椀の下処理(かくし包丁)」が完了です。

はまぐり椀の盛りつけ例

はまぐり、たけのこ

花弁人参、大根、わかめ

菜の花、こしょう

■ はまぐりの吸い物の香り(吸い口)には「こしょう」がよく合い「ゆず、木の芽」などと同じように使えます。

吸い口(すいくち)とは

吸い物、汁物の香りに用いる木の芽、ゆず、しょうが、溶きがらし等のことです。

【関連】

焼き蛤(はまぐり)のコツと注意点

食に関連したことわざ集

畑に蛤(はたけにはまぐり)

その手は桑名(くわな)の焼き蛤

【参考】

野菜の飾り切り一覧

今回は、はまぐりのかくし包丁をご紹介いたしましたが、身に火を通しすぎると全体がゴムのようにかたくなりますので、貝が開いたあとは素早く取り出してください。

他の下処理につきましては≫「下ごしらえ関連一覧」に掲載しておりますので、お役立ていただければ幸いです。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。