烏賊煎餅(いかせんべい)とは【和食の料理用語集】

烏賊煎餅(いかせんべい)

スポンサーリンク

和食の料理用語集

烏賊煎餅(いかせんべい)

いかをたたいてのばしたあと、焼いたり揚げたりして「せんべい状」にしたものです。

【作り方】

いかの皮をむいて適当な大きさに切り分け、薄塩をあてて約30分間おいてください。

そして、片栗粉をまぶしながらたたきのばしてください。

これを、陰干しして焼いたり揚げたりしてください。

【他の揚げ物用語関連】

揚げ物名称、語源、由来、豆知識一覧

和食の名称、献立用語集

向付け【刺身の手法】切り方の一覧

煮物の名称、語源、由来、豆知識一覧

焼き物、和食の串打ち手法と意味一覧

焼き物の名称、語源、由来、豆知識一覧

蒸し物の名称、語源、由来、豆知識一覧

料理の雑学一覧へ

【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

【参考】

飾り切り方法につきましては≫「和食の野菜飾り切り【100選】一覧検索」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報