煎り酒盗(いりしゅとう)の作り方と割合【和え物関連レシピ】

 
■ 当サイトをご覧の方々並びに全国の皆様におかれましては、お身体に十分注意していただきたく存じます。
 

【和え衣の作り方】

今回は、かつおの内臓で作る塩辛の酒盗(しゅとう)と卵黄を合わせた「煎り酒盗」をご紹介したいと思いますので「和え物の献立」や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

煎り酒盗の作り方手順

材料と割合

酒盗(かつおの内臓の塩辛) 大さじ1杯
大さじ3杯
卵黄 1個分

作り方

【1】最初に、酒盗を酒に入れて弱火で煮溶かし「酒盗汁」を作ってください。

【2】次に、ガーゼ、またはキッチンペーパーで酒盗汁をこしてください。

【3】そして、大さじ2杯の酒盗汁に卵黄1個分を加えて湯せんにかけ、煎り上げてください。

【4】最後に、粗熱を取ったものを裏ごしに通すと完成です。

■ 黄身酒盗は貝類と相性が良いです。

【関連】

今回は本サイトの調味料割合を料理別にまとめました。各割合から必要なものをメモしておくと調理場で使える配合手帳が作れますので、自分の好みに合わせて分量を変えながら献立作成や和食調理にお役立てください。

だし、たれ、煮汁の割合50音順一覧を見る

前菜、八寸物の関連一覧
和え物レシピの関連一覧
和え物の語源、意味、由来一覧

和え物の献立一覧へ

今回は煎り酒盗の作り方をご紹介いたしました。

他のレシピにつきましては≫「本サイトの料理内容一覧」に掲載しておりますのでお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。