春の飾り切り方法【蝶々人参の詳しい切り方手順とコツ】

スポンサーリンク


春の人参飾り切り【蝶々の切り方とコツ】

今回の飾り切りは人参で「蝶々」を切る基本方法をご紹介したいと思います。

この蝶々人参は春の盛りつけに大変重宝しますので、料理演出や、刺身飾りなどにお役立てください。

春の飾り切り「蝶々人参」

人参で蝶々を切る方法とコツ

「切り方手順」

【1】まず、人参を約3㎝の輪切りにしてください。

そして、4つの場所を写真のように切り落として蝶々の原形を作ってください。

春,人参,飾り切り,ちょう,蝶々

次に、上写真の下になる部分(短い方)の前側から1/4のところに深さ5㎜ていどの切り込みを入れてください。

↓↓↓

春,人参,飾り切り,ちょう,蝶々

【2】そして、反対側から切り込みを入れた部分に向かって丸みをつけながら蝶々の羽根を表し、前方の角にも丸みをつけて胴体部分を切り込んでください。

春,人参,飾り切り,ちょう,蝶々

【3】このあと、写真右側の上から2/3のところにも切り込みを入れて【2】と同じように丸みをつけながら、蝶々の羽根になる部分を切り込んでください。

春,人参,飾り切り,ちょう,蝶々

【4】そして、羽根側から胴体に向かって残り1㎜のところまで薄く切り込んで、下まで切り落とさないよう包丁を止めてください。

春,人参,飾り切り,ちょう,蝶々

↓↓↓

春,人参,飾り切り,ちょう,蝶々

このあと、薄く切った幅と同じ厚みでもう一度包丁を入れ、今度は下まで切り落としてください。

■ この段階で蝶々の形がほぼ出来上がります。

春,人参,飾り切り,ちょう,蝶々

切り込みを入れるときのコツ

■ 包丁で切り込みを入れて2枚の羽根を表す場合に切り落としてしまいそうなときは、人参の前後に爪ようじを横向きに置いてから切ると、その爪ようじのところで刃が止まりますので、切り離すことがなくなります。

【5】そして、羽根の間に入れ込む部分と触覚になる場所の2か所に切り込みを入れてください。

春,人参,飾り切り,ちょう,蝶々

【6】このあと、蝶々の羽根を開いて前方の浅く切った部分を間に入れ込むと「蝶々人参」が完成します。

春,人参,飾り切り,ちょう,蝶々

↓↓↓

春,人参,飾り切り,ちょう,蝶々

そして、この蝶々を他の野菜と組み合わせて盛りつけると、下写真のような春の演出が楽しめます。

【関連】

枝にとまった蝶人参の作り方

春,人参,飾り切り,ちょう,蝶々

桜長芋を使った春の盛りつけ例

春の飾り切りを楽しむ【盛りつけ編】今回は桜や蝶々などを使った春の盛りつけをご紹介したいと思いますので、和食調理や子供さん達と一緒に料理を作るときなどの参考にしてください。

今回は蝶々人参の飾り切りをご紹介いたしましたが、大根、うど、かぶなどの白い野菜で切ると「白い蝶々」が作れますので、盛りつけの色合いにあわせて使い分けてください。

【参考】

白い蝶々の切り方手順

和食のむきもの、人参で蝶々をむく方法

蝶人参、大根

「野菜を切ってのせる春の演出」

桜の飾り切りを作る簡単な方法!

春,飾り切り、桜、さくら、大根、人参、ごぼう、胡瓜

人参の飾り切り手順一覧

注:包丁には十分注意して手をけがしないように仕上げてください。

野菜の飾り切り手順一覧

和食の飾り切り、むきもの道具一覧

次の切り方を見る⇒手順とコツ一覧へ

次回は違う飾り切りでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報