和食の焼き物、ゆうあん焼き 語源、意味、由来、料理用語集

スポンサーリンク


ゆうあん焼きの語源、意味、由来

和食の焼き物、料理用語集

ゆうあん焼き

ゆうあんは漢字で書くと「柚庵、幽庵、祐庵」の3つがあります。

江戸時代に近江の国の茶人である北村祐庵が創案した料理で、一般的な献立には幽庵焼きや、柚子を使用することから柚庵焼きの字をあて、北村祐庵は美食家としても有名です。

■ 近江の国は現在の滋賀県です。

ゆうあん焼きのポイントにつきましては「和食の焼き物【ゆうあん焼き】作り方のコツとつけダレ割合3つ」に掲載しております。

【料理用語関連】

刺身の手法、名称、種類一覧

揚げ物の名称≫語源、由来集

焼き物手法、串の打ち方一覧

【関連】

料理雑学

料理の語源、豆知識 50音

焼き物の献立につきましては≫「和食の焼き物、献立一覧」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報