黄身酒盗(きみしゅとう)の作り方

【和食のあえ衣】

今回は、かつおの内臓で作る塩辛の酒盗(しゅとう)と卵黄を合わせた「黄身酒盗」をご紹介したいと思いますので、あえ物の献立や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

黄身酒盗の作り方手順

材料と割合

酒盗 大さじ1杯
大さじ3杯
卵黄 1個分

作り方

【1】最初に、弱火で酒に酒盗(鰹の内臓の塩辛)を煮溶かして「酒盗汁」を作ってください。

【2】次に、ガーゼ、またはキッチンペーパーで【1】の酒盗汁をこしてください。

【3】そして、こした酒盗汁 大さじ2に対して卵黄1個分を加えて、湯せんで練ると完成です。

この黄身酒盗は、貝類と相性が良いです。

【関連】

だし、たれ、煮汁の割合50音一覧を見る

和食の献立集、和え物一覧へ

今回は、黄身酒盗をご紹介いたしました。

他の割合につきましては≫「和食の調味料割合と配合一覧」に掲載しておりますのでお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報