櫛型切り(くしがたぎり)野菜の切り方~和食の基本調理法

野菜の切り方【基本方法】

今回は、和食の切り方から「くし型切り(または、くし切り)」をご紹介したいと思いますので、和食調理にお役立てください。

スポンサーリンク

櫛型切り「くしがたぎり」

くし型切り(くし切り)

■ 丸い材料や長円形の食材を、中心に向かって放射状に切ってください。

そして、この名は髪をすく道具の「くし」形に切るところからついています。

(例)トマト、レモン、すだちなど

「トマトを使った例】

トマトの葉を取り除いて、十文字に包丁を入れると「くし型切り」になります。

ミニトマト,プチ,飾り切り

↓↓↓

ミニトマト,プチ,飾り切り,四方花

↓↓↓

トマト,とまと,くし切り,基本,切り方

【最後まで切り落とさずに広げた場合】

↓↓↓

トマトの飾り切り手順~四方花の切り方

ミニトマト,プチ,飾り切り

■ レモンやすだちの場合は両端の皮を少し切り落とし、竹串や箸先で種を取り除くと、しぼりやすくなります。

注:包丁には十分注意して手をけがしないように仕上げてください。

【関連】

⇒「野菜の切り方とむき方~基本30種

■⇒和食の飾り切りまとめ

⇒【野菜の飾り切り100選~切り方一覧

⇒【日本料理のむきもの道具~名称一覧

今回は基本の切り方をご紹介いたしました。この他に飾り切り手順も掲載しておりますので、料理飾りや盛りつけにお役立ていただければ幸いです。

◎【次の切り方を見る⇒飾り切り一覧へ】

次回は違う飾り切りでお目にかかりたいと思います。

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報