手作り 紅葉(もみじ)おろしの作り方~和食の手法「日本料理」

スポンサーリンク


紅葉(もみじ)おろしの作り方

今回はもみじおろしを作る方法をご紹介したいと思います。

最近では便利で手早くできる素があり、もみじおろしをされる機会は少ないかもしれませんが、簡単に作れますので手作りの味わいを楽しまれてはいかがでしょうか。

紅葉(もみじ)おろしの作り方

もみじおろしの材料

材料は大根とたかの爪を用意してください。

もみじおろしの作り方

(1)

大根の皮をむいておろし金を用意し、たかの爪のがく側(太い方)を少し切り落として種を完全に取り除いてください。

(2)

そして、大根に箸を差し込んで穴を開け、その中にたかの爪を差し込んで約30分間なじませ、そのあと、力を大根にあまり加えないよう、やさしく回しながらおろしていただくと「もみじおろし」が作れます。

もみじおろしのポイント

■ たかの爪を差し込んですぐにおろすと、まだ乾燥状態でかたいですから出てきてしまいますので、あるていど大根となじませたあとにおろしてください。

今回の方法は少し手間はかかりますが、手作りのもみじおろしで薄造りや、揚げ物を食べるのも一味違う楽しみ方ができると思いますので参考にしてみてください。

【関連記事】揚げ物のつけ塩

⇒「揚げ物に添えるつけ塩の作り方一覧

次回も料理作りにお役立ていただければ幸いです。

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報