里芋の下ゆで方法とコツ【ゆでるときの目安温度と加熱時間】

里芋の下処理方法

今回は里芋をゆでるときの温度と加熱時間をご紹介したいと思いますので、和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

里芋をゆでる場合の目安

とぎ汁の温度

85~90℃の間

【手順と目安】

最初に、皮をむいた里芋を米のとぎ汁、または米ぬかを加えた水に入れ、冷たい状態から火にかけてください。

里芋の煮物の作り方と下ゆで手順,六方小芋を米のとぎ汁に入れる工程

次に、とぎ汁の表面がゆらゆらと動くところまで一旦温度を上げ、少しずつ火を弱めてください。

そして、とぎ汁の表面が静かになり、ほぼ動かなくなるところが85~90℃の間ですから、この状態まで火を弱めてください。

里芋の煮物の作り方と下ゆで手順,温度を確認する工程

■ 温度計は100円ショップで購入できます。

小芋、または食べやすく切り分けた里芋をゆでる場合の目安時間(分数)

火を調節してからアクを取りのぞき、約20分間ゆでるとほぼ火が通りますので、細い竹串を中心部に刺し込んでかたさを確認してください。

里芋の煮物の作り方と下ゆで手順,竹串でかたさを確認する工程

そして、とぎ汁臭さを取り除くために芋を真水に入れて、先ほどと同じ要りょうで温度を上げながらさっとゆで、陸上げして余分な水分を飛ばしてください。

大きいままの里芋を調理する場合は、ゆで時間をのばして串でかたさを確認してください。

このあと、「八方だし」や濃いめの吸い物だし、または白味噌で甘味をきかせた煮汁等で更に加熱すると炊き合わせ、椀物の具、揚げ物などに使えますので参考にされてはいかがでしょうか。

【調理例】

里芋を白みそで煮る方法

【白みそ煮の作り方と煮汁割合】

里芋、海老芋、たけのこ芋の

旨煮(うまに)の作り方と割合

今回は海老芋の蒸し煮手順をご紹介したいと思います。■ 注:蒸し器の蓋を取るさいは高温の蒸気が吹き出ますので、ヤケドをしないように十分注意してください ■

六方小芋のむき方手順とポイント

松茸芋の切り方 ○鶴子小芋の切り方

【関連】

南瓜の飾り切り一覧

色紙南瓜 ○まが玉南瓜 ○栗むき南瓜

兜(かぶと)南瓜

公孫樹(いちょう)南瓜

簡単わさび台【いちょう】

木の葉南瓜の飾り切り手順3つ

木の葉南瓜の下処理と利用方法

縞南瓜(しまなんきん)の切り方

野菜の飾り切り方法【100選を見る】

【参考】

煮物レシピ関連一覧

料理別の調味料割合一覧

今回は里芋を下ゆでする場合の目安をご紹介いたしました。

他の下ごしらえ関連につきましては≫「食材の下処理方法一覧」に掲載しておりますので、お役立ていただければ幸いです。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク