秋のいちょう南瓜飾り切り方法,刺身の簡単わさび台,かぼちゃの切り方

 


秋の飾り切り~いちょうの簡単!わさび台

今回の飾り切りは、かぼちゃを使った簡単ないちょう型わさび台の切り方をご紹介したいと思います。

そして、わさび台の他にも料理の盛りつけ飾りとして利用できますので参考にしてください。

刺身の盛りつけ~簡単な飾り切り方法~いちょう南瓜のわさび台

いちょう南瓜のわさび台~切り方手順

【1】

かぼちゃをいちょうの型で抜いてから、包丁で深さが4/5になるようにできるだけ薄く切り込みを入れてください。

いちょう,かぼちゃ,南瓜,飾り切り,公孫樹

↓↓↓

いちょう,かぼちゃ,南瓜,飾り切り,公孫樹

■ いちょうを包丁で手むきする場合の方法につきましては、○⇒「いちょう人参の切り方手順」○⇒「いちょう大根の切り方手順」の2種類を掲載しておりますので参考にしてください。

【2】

このあと、切り込みを入れたときと同じ幅でかぼちゃを切り落としてください。

いちょう,かぼちゃ,南瓜,飾り切り,公孫樹

■ かぼちゃは大根や人参に比べて大変壊れやすく、すぐに割れてしまいますから、できるだけ薄くスライスしてください。

そして、切り込む幅が厚くなってかぼちゃが折れてしまいそうな場合は、食塩水に短時間浸けてしんなりとさせる、あるいは熱湯にサッと通すと、折れることなく盛りつけがしやすくなります。

※ 写真のかぼちゃは0.5㎜の厚さで切り込みを入れて食塩水に約30分間浸けたものです。

【3】

そして、盛りつけるときにかぼちゃを広げてわさびを挟むと「いちょう型のわさび台」が完成します。

いちょう,かぼちゃ,南瓜,飾り切り,公孫樹

刺身の盛りつけ飾りに使う場合の方法

お刺身の天盛りや器に散らしたりする場合は、かぼちゃが折れないように広げながら箸や指で形をととのえてクセをつけると、二股になったいちょう南瓜が出来上がります。

いちょう,かぼちゃ,南瓜,飾り切り,公孫樹

↓↓↓

いちょう,かぼちゃ,南瓜,飾り切り,公孫樹

今回はいちょう型のかぼちゃ飾りをご紹介いたしましたが、刺身以外に和え物や酢の物などの盛りつけにも使え、今回の切り方を応用すると「蝶々」の飾り切りが作れますので参考にしてください。

【参考】⇒蝶々の飾り切り~切り方手順

蝶大根

【野菜の飾り切り~南瓜の切り方関連記事】

木の葉南瓜の詳しい切り方「3種類」

⇒「かぼちゃの飾り切り手順とコツ一覧

注:包丁には十分注意して手をけがしないように仕上げてください。

飾り切り関連「次の飾り切りを見る⇒

■⇒野菜の飾り切り手順一覧

和食の飾り切り~むきもの道具の名称一覧

次回は違う飾り切りでお目にかかりたいと思います。

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。