里芋のから揚げの作り方【基本手順】味をつけてから揚げる方法

和食の揚げ物レシピ

今回は、六方小芋を煮含めて下味をつけてから揚げる「里芋のから揚げ」をご紹介したいと思いますので、料理作りにお役立てください。

スポンサーリンク

秋の献立、里芋のから揚げの作り方と調味料割合

■ 今回は小芋を使用しておりますが、大きい場合も作り方は同じです。

里芋の下処理工程

【1】最初に、皮をむいた里芋を米のとぎ汁でゆでてください。

ゆで方の詳しい内容につきましては≫「里芋の下ゆで方法とコツ!ゆでるときの目安温度と加熱時間」に掲載しております。

【関連】

里芋を六角形にむく飾り切り手順

【六方小芋のむき方とポイント】

煮汁を作る工程

【2】次に、だしと調味料を合わせて、里芋に下味をつける煮汁を作ってください。

だしと調味料の割合比率

だし 16
みりん
うす口醤油

■ 甘味を強める場合は砂糖を加えて、味がうすいときはだしの分量を減らすと調節できます。

里芋を煮る工程

【3】ひと煮立ちさせた煮汁に芋とお茶パックに入れた削り鰹を加えて、煮汁の中で動かない程度の火加減(85~90℃)を保ちながら15~20分間煮てください。

六方小芋の煮物の作り方,追いがつお

※ このときの加熱温度が高いと煮くずれの原因になりますので気をつけてください。

【4】そして、火を止めたあと、そのまま冷めるまで味をなじませてください。

小芋の煮物の作り方,追いがつお

煮物は汁が冷めていく段階で食材の水分と煮汁が徐々に入れかわり、味が中まではいります。

【芋を煮るときの詳しい調理内容】

里芋の煮物の作り方2つ

里芋を揚げる工程

【5】煮汁をきった里芋に片栗粉をうすくまぶしつけ、165~170℃の油で揚げると完成です。

【盛りつけ例】

六方小芋の唐揚げ,万願寺唐辛子,レモン,晩夏の揚げ物の献立

大きい芋の場合

京芋の唐揚げ,ぎんなん串打ち

【から揚げの盛り合わせ例】

小芋、ヤングコーン、蓮根

ごぼう、しいたけ、万願寺唐辛子

野菜の唐揚げ盛り合わせ,揚げ物の献立,小芋,ヤングコーン,蓮根,ごぼう,しいたけ,万願寺唐辛子,レモン

から揚げの応用編

芋を煮た汁にくず粉でとろみをつけ、から揚げにかけて薬味を添えると「あんかけ」が作れますので参考にされてはいかがでしょうか。

六方小芋の唐揚げあんかけ,針しょうが,かもじねぎ

料理の味を引き立てる

【薬味の切り方と作り方一覧】

【関連】

抹茶塩の作り方と簡単な割合

揚げ物や天ぷらにそえる

【つけ塩割合と作り方一覧】

【参考】

【揚げ物の飾り切り方法一覧】今回は揚げ物に使える野菜の切り方をまとめましたので、和食調理や献立作成の参考にされてはいかがでしょうか。野菜の切り方とコツ■各項目に移動いたします■

揚げ物の語源、意味、由来50音順一覧

今回は、里芋のから揚げをご紹介いたしました。

他の揚げ物につきましては≫「揚げ物レシピ関連一覧」に掲載しておりますので、お役立ていただければ幸いです。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク