秋の和え物~餅ぎんなんのうに和え「作り方」会席料理の和え物

 


秋の和え物~餅ぎんなんのうに和え

今回は、秋の会席料理で役立つ「餅ぎんなんのうに和え」の作り方手順をご紹介したいと思いますので参考にしてください。

餅ぎんなんのうに和えを作る方法

ぎんなんのうに和え作り方手順

(材料)

ぎんなん、餅米、板くらげ、長ひじき

花丸きゅうり、長いも

「和え衣」

塩(練り)うに 200g
煮きり酒 300cc
卵黄 5個
砂糖 大2
薄口醤油 小1

「作り方」

(1)

餅ぎんなんを作ります。

ぎんなんは、殻を割って実を取り出し、熱湯でゆでてから薄皮を取り除いてください。

(2)

土鍋にぎんなんを入れ、細かく切った餅米と塩を加えて弱火で一時間ほど煮てください。

(3)

板くらげは水で戻して塩抜きし、熱湯に入れてさっとゆでた後、ざく切りにしてしょうゆで洗います。

(4)

長ひじきはまず、たっぷりの水に浸して戻します。

次に、よく水洗いして熱湯でゆで、八方だしでさっと煮てざるに上げ、そのまま冷ましてください。

(5)

花丸きゅうりは塩をふって板ずりし、熱湯でさっとゆでて氷水に落とし、色出ししてください。

そのあと、ぎんなんに合せて切り、立塩に浸けておきます。

(6)

塩(練り)うにに卵黄を加えて混ぜ、酒で伸ばしてください。

(7)

(6)のうにをボウルに移して湯せんにかけ、砂糖、薄口しょうゆを加えて練り上げます。

(8)

長いもを薄くスライスして立塩に浸けておきます。

(9)

(6)の衣で餅ぎんなん、板くらげ、花丸きゅうりを和えてください。

(10)

長いもを器に敷いて、先ほどのうに衣で和えた食材を盛り、長ひじきを天盛りにしてください。

秋のうに和え~和え物にお役立てください。

【参考記事】⇒ぎんなんの薬効~健康効果とは?

【参考】焼き銀なんを家庭でもちっとさせる方法

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。