秋の和え物【銀なんのうに和えの作り方】

【秋の和え物】

もち銀なんのうに和え

今回は、銀なんを使った「うに和え」をご紹介したいと思いますので、和え物の献立や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

秋の和え物

もち銀なんのうに和えの作り方

材料

銀なん

もち米、板くらげ、長ひじき

花丸きゅうり、長いも

もち銀なんを作る工程

【1】最初に、銀なんの実を取り出し、熱湯でゆでて薄皮をむいてください。

【2】そして、土鍋に銀なんを入れ、細かく切ったもち米と塩を加えて、弱火で約1時間煮てください。

板くらげの下処理

【3】次に、水で戻した板くらげを塩抜きしてさっとゆで、ざく切りにしたあと醤油で洗ってください。

長ひじきの下処理

【4】長ひじきは、たっぷりの水で戻してから水洗いしてください。

そして、ゆでたあとに八方だしでさっと煮てください。

花丸きゅうりの下処理

【5】花丸きゅうりは塩をふって板ずりし、さっとゆでて色出ししたあと氷水に取ってください。

このあと、銀なんの大きさに合せて切り揃え、立塩に浸してください。

立塩(たてじお)とは、水1000㏄に対して塩30gを加えた海水程度の食塩水のことです。【立塩の用途】魚介類や野菜類に塩味をつけるときにひたしたり、海水産の魚、貝、甲殻類などの汚れやぬめりを取る目的で洗う「調理作業」に使います。

和え衣を作る工程

「和え衣の割合」

塩(練り)うに 200g
煮きり酒 300cc
卵黄 5個
砂糖 大2
薄口醤油 小1

【6】塩(練り)うにと卵黄をステンレス製のボールで混ぜ合わせ、酒でのばしてから砂糖と醤油を加えてください。

【7】そして【6】を湯せんにかけ、練り上げてから冷ましてください。

長芋の下処理

【8】盛りつけに使う長いもは薄くスライスして、立塩に浸してしんなりとさせてください。

和える工程

【9】このあと【7】の衣で銀なん、板くらげ、花丸きゅうりを和えてください。

仕上げ

【10】最後に、長いもを器に敷いて【9】を盛り、長ひじきを天盛りすると完成です。

【関連】

今回は、いかと明太子を使った紅葉和え(もみじあえ)をご紹介したいと思いますので、和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。秋の和え物お献立、いかの紅葉和えの作り方手順
【しめじと三つ葉のいくら和え】今回は下味をつけたしめじと三つ葉を使ったいくら和え物をご紹介したいと思いますので、和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。しめじと三つ葉のいくら和えの作り方手順
今回は生のいちじくと練りごまを使った和え物をご紹介したいと思いますので、和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。いちじくのごま味噌和えの作り方

和え物の献立一覧を見る

秋の食材50音順一覧表へ

和食の調味料割合と配合一覧へ

今回は秋の和え物をご紹介いたしました。

他の和え物につきましては≫「和え物レシピ関連一覧」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報