たき合わせに使用する里芋の煮物の作り方2つ【12:1:1の割合】

和食の煮物レシピ

今回は里芋の煮物を割合で作る方法をご紹介したいと思いますので、たき合わせや煮合わせ、から揚げ、あんかけ等の参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

里芋の煮物の作り方【12:1:1の割合】

下ゆでの工程

【1】最初に、皮をむいた里芋を米のとぎ汁でゆでてください。

ゆで方の詳しい内容につきましては≫「里芋の下ゆで方法とコツ!ゆでるときの目安温度と加熱時間」に掲載しております。

里芋を六角形にむく飾り切り手順

【六方小芋のむき方とポイント】

煮汁を作る工程

だしと調味料の割合比率

だし 12
みりん
うす口醤油

■ 甘味を強める場合は砂糖を加えて、色濃く仕上げるときは濃口醤油を使用してください。

煮る工程

鍋で煮る手順

【2】上記分量の煮汁をひと煮立ちさせて里芋を入れ、煮汁の中で動かない程度の火加減で15~20分間煮てください。

里芋の煮物の作り方手順,六方小芋を煮る工程

※ このときの加熱温度が高いと煮くずれの原因になりますので気をつけてください。

【3】そして、火を止めたあと、そのまま冷めるまで味をなじませると完成です。

里芋の煮物の作り方手順,仕上がり写真

煮物は汁が冷めていく段階で食材の水分と煮汁が徐々に入れかわり、味が中まではいります。
蒸し煮で作る場合

蒸気加熱で味を含ませるときは、里芋がかぶる程度にひと煮立ちさせた煮汁を深型のステンレスバットに入れてください。

里芋の煮物の作り方手順,六方小芋

※ 冷たい煮汁を入れると加熱時間が長くなりますので、一度温めてから加えてください。

そして、蒸気がはいらないようにアルミホイルで蓋をしたあと、中火で約30分間蒸して冷めるまで味をなじませると完成です。

里芋の煮物の作り方,六方小芋

蒸し煮の注意点2つ

① 蒸し煮の場合も鍋と同じく、加熱温度が高いと煮くずれの原因になりますので気をつけてください。

【重要】蒸し器の蓋を開けるさい、高温の蒸気が一気にふき出ますのでヤケドには十分注意してください。

【揚げ物の使用例】

里芋の煮汁をきってから、片栗粉をまぶしつけて揚げたもの。

「から揚げ」と「あんかけ」

■ すべての食材を里芋と同じ煮汁割合で仕上げた「たき合わせ」の盛りつけ例

煮汁の黄金比で仕上げた炊き合わせ五種盛り,六方小芋,焼き目鶏,しいたけ,白ねぎ,ブロッコリー

鶏肉の煮物の作り方

椎茸の煮物の作り方

白ねぎの煮物の作り方

ブロッコリーの煮物手順

針しょうがの切り方手順

【関連】

■ 同じ煮汁で仕上げた別のたき合わせ

煮汁の黄金比で仕上げた炊き合わせ五種盛り,色紙南瓜,焼き目湯葉,ごぼう,アスパラ,人参,針ゆず

焼き目湯葉の煮物の作り方

アスパラの煮物の作り方

ごぼうの煮物の作り方

人参の煮物の作り方

南瓜の煮物の作り方

南瓜の下処理方法とコツ

【かぼちゃのゆで時間と湯の目安温度】

【参考】

煮物関連の料理用語集

【語源、意味、由来50音順一覧】

今回は里芋の煮物をご紹介いたしました。

他のレシピにつきましては≫「煮物レシピ関連一覧」に掲載しておりますので、お役立ていただければ幸いです。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク