鰤(ぶり)の味噌漬けの作り方手順【焼き物の基本方法】

 
■ 当サイトをご覧の方々並びに全国の皆様におかれましては、お身体に十分注意していただきたく存じます。
 

【冬の焼き物の献立】

鰤(ぶり)の味噌漬け

今回は、ぶりの味噌漬けを作るときの基本手順をご紹介したいと思いますので、焼き物の献立和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

焼き物の下処理方法

ぶりの味噌漬けの作り方手順

【1】最初に、白みそ、または粒の残った状態の白みそに、煮切り酒を少しずつ加えながら、扱いやすいかたさまでのばしてください。

■ 甘味を加える場合は煮切りみりんも入れてください。

※ 味噌に酒、みりん等の水分を一度にたくさん入れると混ぜにくく、のばしづらいですから少量ずつ加えてください。

【味噌に対しての酒の目安分量】

白味噌、または粒味噌 100g
大さじ1杯

【2】次に、ステンレス製、またはプラスチック製のバットに【1】の白味噌をうすくのばして、味噌がかくれるようにガーゼをかぶせてください。

【3】そして、骨を取りのぞき、うすく塩を振ったぶりの切り身をのせて、さらにガーゼをかぶせてください。

■ ぶりは振り塩をして約30分間おいたものを味噌にのせてください。

【4】このあと、ぶりにかぶせたガーゼの上に味噌をもう一度のせてください。

そして、ぶりを包むようにまんべんなくのばし広げて、サンドイッチ状に挟むと仕込みが完了です。

味噌≫ガーゼ≫ぶり≫ガーゼ≫味噌

魚の焼き物,ぶりのみそ漬けの作り方手順

■ この状態で2~3日ていど味噌をしみこませてください。

【味噌に2日間つけたぶりの切り身】

ぶりの味噌漬けを作る方法

このあと、ぶりの切り身を味噌から取り出してこがさないように焼いてください。

【関連】

魚の味噌漬け床の作り方

【白味噌と酒、みりんの割合】

味噌漬け床の再利用方法

【味を中まで染み込ませるぶり大根煮の作り方】煮汁に困っている人向けの動画です!

冬の食材【鰤(ぶり)】今回は鰤に関連した料理内容を集めましたので、冬の献立の参考にされてはいかがでしょうか。

焼き物の串打ち手法と名称一覧

「ぶりの焼きだれ割合」今回は鰤(ぶり)用の焼きだれをご紹介したいと思いますので、焼き物の献立や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

おせち料理に、ぶりを使う理由

寒ぶりの酒かす鍋の調味料割合

【関連】

焼きだれの割合一覧

焼き物の献立一覧を見る

今回は、ぶりの味噌漬けをご紹介いたしました。

他の焼き物につきましては≫「焼き物レシピ関連一覧」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。