おせち料理の焼き物や献立に【鰤(ぶり)】を使う理由

和食の語源、意味、由来

今回は、おせち料理に鰤(ぶり)を使う理由をご紹介したいと思いますので、お正月の家族だんらんや、和食調理にお役立てください。

スポンサーリンク

おせち料理の雑学、豆知識

焼き物や献立にぶりを使う理由

ぶりの焼物「出世の願かけ」

ぶりは名前が変わる出世魚の代表格という理由から、出世するようにという願いが込められています。

そのため、新年に食べる「おせち料理」の焼き物や献立には鰤(ぶり)を多く使います。

(他の出世魚の例)

鱸(すずき)、鯔(ぼら)

■ぼらの卵巣に塩をして、風干し(生干し)にした加工品が「からすみ」です。

鰤(ぶり)

あじ科の魚で、日本全体の海岸に広く分布しています。

そして、春~夏に北上し、秋~冬に南下する回遊魚で、刺身や焼き物に使うことが多く、塩漬け、干し物、くんせい、油漬けの缶詰などにも加工されます。

ぶりの名前の変化

「関西地方」

つばす⇒わかな⇒はまち⇒めじろ⇒ぶり

「関東地方」

わかし(わかなご)⇒いなだ⇒わらさ⇒ぶり

【関連】

⇒「ぶりの照り焼きを作るときの割合

⇒「焼き物のつけだれ、かけだれ割合一覧

和食の焼きだれ【割合と配合一覧】今回は焼き物を作るときのつけだれ、かけだれ割合を集めましたので、焼き物の献立や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

⇒「おせち料理や祝い膳の飾り切り一覧

⇒「大晦日に年越しそばを食べる理由

⇒「12月年越し、そば料理の献立8つ

⇒「おせち料理がもつ幸福の意味8つ

⇒「鏡餅(かがみもち)の語源、意味

⇒「雑煮(ぞうに)の語源、由来とは

⇒「おせち料理に、ごぼうを使う理由

⇒「おせちに数の子とにしんを使う理由

和食の語源、意味、由来【おせち料理の雑学、豆知識】今回は、おせち料理に数の子や鰊(にしん)を使う理由をご紹介したいと思いますので、お正月の家族だんらんや、和食調理にお役立てください。

⇒「数の子の薄皮むきと下処理のコツ

焼き物の関連記事一覧

【他の関連記事】

⇒「焼き魚の温め直し3つの方法

焼き魚,焼き物

⇒「牛肉八幡巻きの作り方とコツ

牛肉八幡巻き,やはたまき

和食の焼き物手法一覧

今回は焼き物を作るときの串の打ち方を集めましたので、和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。和食の焼き物手法、串の打ち方と名称一覧■各串打ち方法に移動いたします。

【参考】

焼物用語集、語源、由来、雑学一覧

向付け【刺身の手法】切り方の一覧

煮物の名称、語源、由来、豆知識一覧

蒸し物名称、語源、由来、豆知識一覧

揚げ物名称、語源、由来、豆知識一覧

和食の調味料割合一覧

≫「煮汁の割合と配合50音一覧

≫「鍋料理を作るときの煮汁割合一覧

≫「酢の物を作るときの合わせ酢一覧

和食調理にお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報