里芋を六角形にむく飾り切り手順【六方小芋のむき方とポイント】

【里芋の飾り切り】

六方小芋の詳しいむき方

今回は里芋を六方にむく手順とコツをご紹介したいと思いますので、煮物の献立や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

野菜の飾り切り方法

六方小芋のむき方手順とコツ

【1】最初に、水洗いした小芋の上下が平行になるよう切り落としてください。

里芋,下ごしらえ

【2】次に、皮を芋の丸みに合わせてむいてください。

里芋,下ごしらえ

皮をむいている途中で包丁を止めると段差がつきますので、気をつけてください。

【3】このあと、最初にむいた面の向こう側が平行になるよう、次の皮をむいてください。

里芋,下ごしらえ,こいも

「横から見た小芋」

小芋

【4】そして、工程【2】~【3】と同じ要りょうで次の皮をむいてください。

里芋,下ごしらえ,こいも

【5】最後に、芋が六角形になるよう、残っている皮をむくと完成です。

里芋、六方、剥き、こいも、ろっぽうむき

■ 皮をむいてすぐにゆでる場合は米のとぎ汁に浸けるとそのままゆでられます。

また、酢を少量加えた水に浸けると芋の変色が防げます。

応用編「六方むきに筋を入れた亀甲芋」

里芋の切り方手順とコツ,亀甲芋の飾り切り方法

「調理例」

亀甲里芋と松竹梅,正月や祝い膳の飾り切り

銀なんは六方にむくと、芯の部分が外側に出て鮮やかな緑色に仕上がります。

焼きはもと松茸の吸い物,椀物の献立

六方むきの注意点

芋を正六角形にしようとして形を気にし過ぎると、小さくなって食べる部分がなくなりますので気をつけてください。

注:包丁には十分注意して手をけがしないように仕上げてください。

【里芋の関連記事】

里芋の下ゆで方法

「六方小芋の応用」

松茸芋   ≫鶴子小芋むき方手順

今回は六方むきをご紹介いたしました。

他の切り方につきましては≫「野菜の飾り切り100選、切り方手順とコツ一覧」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

次回は違う飾り切りでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク