大根と人参で紅白のあいおい結びを作る手順【日本料理の野菜細工】

日本料理の野菜細工【祝宴の紅白飾り】

今回は、椀物や紅白なますに使える「あいおいむすび」の作り方をご紹介したいと思いますので、料理飾りの参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

大根と人参の相生(あいおい)結び

紅白の相生結びの基本手順

「作り方」

【1】最初に、大根と人参を約10cmの細切りにしてください。

太さの目安はマッチ棒と同じくらいです。

IMG_1612

【2】次に、熱湯でさっとゆでて、折れないようにやわらかくしてください。

今回はゆでましたが、食塩水に浸けてしんなりとさせる方法でも作れます。

IMG_1616

【3】そして、お互いを「つ」の字にしてください。

IMG_1617

【4】このあと、上下が交互になるように重ね合わせてください。

IMG_1618

さらに、写真右上の人参を大根の下から穴に通してください。

IMG_1619

【5】そして、切れないよう優しく引っ張って、お互いを結び合わせてください。

IMG_1622

【6】最後に、方向と両端をそろえると「大根と人参の紅白あいおい結び」の完成です。

IMG_1620

「盛りつけ例」

注:包丁には十分注意して手をけがしないように仕上げてください。

相生結び(あいおいむすび)とは

大根と人参など色の異なる2つの野菜を約10cmの長さに細く切り、塩ゆで、または塩水にひたして繊維をやわらかくして作る、ひもの結び方を模した料理飾りをいいます。

「用途」

2種類の材料を「つ」の字と逆「つ」の字型に組み合わせ、祝い料理の椀物や紅白なます等に使います。

野菜の切り方とコツ100選へ

野菜の詳しい飾り切り方法一覧224種+30今回は和食でよく使う野菜の切り方や簡単な細工切り、飾り切りのコツをまとめましたので煮物、揚げ物、刺身の姿造りなど、盛りつけ飾りや季節演出の参考にされてはいかがでしょうか。

和食の飾り切り、むきもの道具一覧

vegetable- cutter-IMG_1967

【姉妹ブログ】

⇒「煮物レシピと調味料の割合

⇒「献立四季報【春夏秋冬】味暦

次の飾り切りを見る⇒手順とコツ一覧へ

次回は違う飾り切りでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報