紫色の食用菊のゆで方と保存方法【酢の色止め効果を利用した下処理手順】

 
■ 当サイトをご覧の方々並びに全国の皆様におかれましては、お身体に十分注意していただきたく存じます。
 

食用菊の下処理方法

酢の効果を利用した色止め手順

今回は紫色の食用菊のゆで方をご紹介したいと思いますので、和え物、酢の物、あんかけ等の参考にされてはいかがでしょうか。

食材の下処理方法

紫菊花のゆで方手順【1パック分の湯と酢の分量】

【1】最初に、熱湯2500㏄(2.5ℓ)に対して100㏄の酢を加えてください。

食材のゆで方,熱湯に酢を加える工程

【2】次に、花弁をむしり取った食用菊1パック分を鍋に入れ、再度煮立つまでゆでてください。

紫菊花のゆで方

そうすると、菊花に歯ごたえが残っている状態まで火が通ります。

※ 火の通し過ぎには注意してください。

【3】このあと、菊花をざるに上げ、水にさらしてください。

紫菊花のゆで方,水にさらす工程

冷蔵庫で保存する場合

【4】水500㏄に対して酢を20㏄加えた酢水(ゆでたときと同じ割合)に、菊花を浸して冷蔵保存すると2か月ていど日持ちします。

紫菊花のゆで方と保存方法

※ 酢水が濁ってきた場合は、そのつど取りかえてください。

■ 今回は紫色の食用菊をゆでましたが、刺身のあしらいに使用する小菊や黄色の食用菊も同じ手順で下処理ができます。

菊膾(きくなます)の意味

9月の献立に菊の花や菊菜(春菊)

菊葉などを多く使用する理由とは?

【関連】

秋の料理一覧

食材の下処理方法一覧

【参考】

野菜の飾り切り方法 100選

【基本手順と切り方のコツ一覧】

秋の献立一覧

秋の食材50音順一覧表

今回は酢の効果を利用した菊花のゆで方をご紹介いたしました。

他の料理内容につきましては≫「本サイトの料理内容一覧」に掲載しておりますのでお役立ていただければ幸いです。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。