茄子の飾り切り「こおろぎ」詳しい切り方とコツ【日本料理のむきもの】

スポンサーリンク


野菜の飾り切り【こおろぎ】

今回の飾り切りは、茄子で「こおろぎ」を作る方法をご紹介したいと思います。

この飾り切りは、夏場の会席料理の演出に活躍しますので参考にしてみてください。

日本料理のむきもの~野菜の飾り切り【こおろぎ】

夏~秋にかけての演出に役立つ飾り切り【こおろぎ】

【作り方の手順】

【1】まず、茄子を縦2.5cm・横1cm・高さ1cmの長方形に切ってください。

なす

【2】

次に、両脇を写真のように斜めに切り落としてください。

茄子

【3】

このあと茄子を裏返して、腹部を太く、頭・尾を斜めにそぎ落として座りがよくなるようにします。

なす

【4】そして、羽根と尾の切り込みを入れてください。

このとき、羽根と尾の切り込みは、全体の1/2ほどにして三角に切り落としてください。

なす

【5】頭部の角に丸みをつけて、すぐ下のところに2本切り込みを入れてください。

IMG_0824

【6】茄子全体のとがっている部分に丸みをつけ、頭部に魚のヒレを刺して完成です。

なすこおろぎ

夏~秋の会席料理の演出や大皿盛りなどにお役立てください。

参考記事⇒茄子の薬効と健康効果

注:包丁には十分注意して手をけがしないように仕上げてください。

「関連記事」

野菜の飾り切り、日本料理のむき物

■⇒野菜の飾り切り一覧

次回はまた、違う飾り切りでお目にかかりたいと思います。

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報