白身魚の照り焼きだれ【調味料割合と作り方】

 


【白身魚の照り焼きだれ割合】

今回は白身魚の骨を加えた照り焼きだれをご紹介したいと思いますので、焼き物の献立や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

和食の焼き物、調味料割合

白身魚の照り焼きだれ

【調味料の割合】

400㏄
みりん 400㏄
濃口醤油 400㏄
たまり醤油 60㏄
氷砂糖 75g
白身魚の骨 適量

上記の材料を同じ大きさのお玉や容器ではかって鍋に入れ、焼いた白身魚の骨を加えてください。

そして、ふきこぼれないよう、約2割煮つめると完成です。

料理別の調味料割合一覧へ

【関連】

焼き物の串打ち手法と意味一覧

焼き物用語集、語源、意味一覧

【和食の調味料割合と配合】今回は、だし、たれ、煮汁の割合と配合を50音順にまとめましたので、和食調理や料理作りの参考にされてはいかがでしょうか。■各割合に移動いたします。料理名を選んでお役立てください。

焼きだれの割合一覧を見る

今回は白身魚の照り焼きだれをご紹介いたしました。

他の割合につきましては≫「和食の調料味割合と配合一覧」に掲載しておりますのでお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。