鮎京(あゆけい)の語源とは!鮎の焼き物【和食の料理用語】

スポンサーリンク



鮎京(あゆけい)の語源、由来

和食の雑学、料理用語集

鮎京(あゆけい)

鮎京とは、鮎のかす漬けのことで、子持ち鮎で作ります。

名の由来は、数の単位の一、十、百・・・億、兆、京からきており、卵の数を京に見立てて「子孫繁栄」を願ったおめでたい料理です。

⇒「料理の雑学、豆知識一覧

⇒「焼き物の串打ち手法一覧

平串   ≫のぼり串  ≫あおい串

のし串  ≫うねり串  ≫すくい串

ぬい串  ≫おどり串  ≫わらび串

片づま折り   ≫両づま折り

⇒「和食の名称、献立用語集

向付け【刺身の手法】切り方の一覧

煮物の名称、語源、由来、豆知識一覧

揚げ物名称、語源、由来、豆知識一覧

料理の雑学一覧

【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

次回も和食調理にお役立てください。

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク