鮎(あゆ)の鮮度を長持ちさせる保存方法の基本手順

スポンサーリンク


【鮎の保存方法】

今回は鮎(あゆ)を長持ちさせる保存方法の基本をご紹介したいと思いますので、夏の献立焼き物の参考にされてはいかがでしょうか。

魚介類の下処理方法

鮎を長持ちさせる保存方法

【1】最初に、鮎の背から腹が、すっぽりとかくれる高さの保存容器を用意してください。

【2】次に、かき氷の機械で細かい氷を作ってください。

【3】そして、鮎の腹側を上に向け、かき氷の中に立てた状態でうめておくと、鮮度が長持ちしますので参考にされてはいかがでしょうか。

【関連】

夏の献立【料理の演出方法】今回は鮎(あゆ)の焼き物を盛りつけるときの簡単な料理演出をご紹介したいと思いますので、夏の献立作成や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

食材の下処理一覧へ

【食材の下処理方法】今回は春に旬をむかえる「甲いか」のさばき方手順や皮むきのコツをまとめましたので、和食の献立や調理の参考にされてはいかがでしょうか。

鮎会席料理の献立を見る

飾り切り【100選】切り方とコツ一覧

【夏の飾り切り方法とコツ一覧】今回は本サイトの「飾り切り」から夏に使える切り方手順やコツをまとめましたので、季節の演出や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

今回は鮎の保存方法をご紹介いたしました。

刺身の鮮度を長持ちさせる方法につきましては≫「鮮魚の食感を長持ちさせる保存方法【刺身のコツと調理法】」に掲載しておりますのでお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報