骨付き鶏をやわらかく煮る方法【蒸し煮の作り方と煮汁の調味料割合】

骨付き鶏(手羽先や手羽元)の蒸し煮

今回は鶏の骨付き肉の蒸し煮をご紹介したいと思いますので参考にされてはいかがでしょうか。

【簡単な調理手順】

今回のレシピは鶏肉を煮汁に入れて蒸すと箸でほぐれるやわらかさに仕上がりますので煮物の献立や小鍋仕立て、煮こごり、洋皿などにお役立てください。

スポンサーリンク

鶏肉をやわらかく煮る方法【骨付き肉の蒸し煮の作り方】

■ 加熱時間(90分)

【だしと調味料の割合】
だし 750㏄(15)
 50㏄ (1)
みりん  50㏄ (1)
うす口醤油  50㏄ (1)

■( )内の数字は比率です。

惣菜や御飯のおかずには味が少しうすいですので、その場合は「だし」の分量を減らすと簡単に調節できます。

鶏肉の下処理工程

【1】最初に、鶏の骨付き肉を湯に通して霜降りし、冷水に落として竹串等で汚れを取ってください。

煮汁を入れる工程

【2】次に、鶏肉を並べたステンレス製の深型バットに、やわらかく仕上げるための大根と臭み消しの土しょうがを加えてください。

骨付き鶏の蒸し煮の作り方手順,手羽元,大根,しょうが

そして、ひと煮立ちさせた煮汁を材料の高さの少し上までそそぎ入れてください。

骨つき鶏の蒸し煮の作り方,煮汁を入れる工程

■ ステンレス製のバットが無い場合は、柄のついていない鍋でも大丈夫です。

煮汁を入れるときに温度を上げておかないと加熱時間が長くなりますので、煮立てた汁をそそいでください。

このあと、蒸しているときに水滴が入らないようにするため、アルミホイルをかぶせてバットに蓋をしてください。

骨付き鶏の蒸し煮の作り方手順,アルミホイルの蓋をかぶせる工程

蒸し煮の工程

【3】蒸気のあがった蒸し器にバットを入れて、中火で90分間加熱したあと、アルミホイルをかぶせた状態のまま、常温まで自然に冷ますと完成です。

骨つき鶏の蒸し煮の作り方,蒸しあがり写真

■ 冷ました鶏肉は味が材料の中まで染み込み、箸で簡単にほぐれるやわらかさに仕上がっていますので、煮物作りの参考にされてはいかがでしょうか。

骨つき鶏の蒸し煮の作り方,やわらかく煮る方法

【盛りつけ例】

骨つき鶏の蒸し煮の作り方手順,煮物の献立と盛りつけ

【他の使用例】

小鍋仕立て「紙鍋」

骨つき鶏の蒸し煮を使った鍋仕立ての作り方,紙鍋の献立

かわり鉢「洋皿」

骨つき鶏の蒸し煮の盛りつけ,洋皿,かわり鉢

こちらは、蒸して裏ごしたじゃが芋を煮汁に加えたソースを鶏肉の下に敷いております。

注:蒸し器の蓋を開けるさいは「高温の蒸気」が一気に吹き出ますので、ヤケドをしないように十分注意してください。

【関連】

今回は肉類に関連した料理内容を集めましたので、和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。肉類を使ったレシピ一覧【牛肉、豚肉、鶏肉、鴨肉】肉類の煮物に関連した料理内容一覧【まとめ】
料理別【調味料割合一覧】今回は本サイトでご紹介しております「調味料割合」を料理別にまとめましたので、和食調理や献立作成の参考にされてはいかがでしょうか。■各割合に移動いたします。≫すべての割合を一度に見る

肉類の煮物に関連した料理内容一覧

季節別、旬の食材一覧へ

煮物の献立一覧を見る

煮物関連の料理用語集

今回は、骨付き鶏の蒸し煮をご紹介いたしました。

他のレシピにつきましては≫「煮物レシピの関連一覧」に掲載しておりますので、お役立ていただければ幸いです。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク