イカをやわらかくするコツと火の通し方【和食の和え物、酢の物】

スポンサーリンク


イカにやわらかく火を通す方法

今回はイカを和え物や酢の物に使う場合の火の通し方をご紹介したいと思いますので、和食調理の参考にしてください。

イカをやわらかく仕上げる火の通し方

酒と塩で火を通す調理方法

(1)イカを和え物や酢の物の用途に応じて小さく切り分けてください。

(2)鍋にイカの容積の1.5倍の酒を入れ、少量の塩を加えて強火にかけてください。

■ このとき、塩分を含んでいる料理酒を使う場合は塩を加える必要はありません。

※ 酒に加える塩の量を、塩分が入っている料理酒と同じくらいの濃さにすると、ちょうど良い味に仕上がります。

(3)そして、鍋の淵に泡が出てきたところに(1)で切ったイカを加え、強火のまま木べらや箸でまんべんなくかき混ぜながらサッと火を通してください。

(4)このあと、イカをザルにあげて余分な水分と熱を取り除くと「イカの下ごしらえ」が完了します。

イカをザルに上げたあと、水分が熱で蒸発して乾燥しますので、表面に湿らせたキッチンペーパーや布巾をかぶせてそのまま冷ましてください。

今回はイカの下処理をご紹介いたしました。

小柱(青柳)や貝柱なども同じ方法で火を通すことができ、木の芽味噌や酢味噌で和えたり、たら子などで和えると、簡単に季節の和え物が楽しめますので参考にしてください。

【関連】

酢の物の合わせ酢、割合一覧

たら子や明太子で作るもみじ和えの作り方

酢味噌和えに役立つ玉味噌の作り方と割合

次回も料理作りにお役立ていただければ幸いです。

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報