隠し味(かくしあじ)の意味とは【和食の料理用語集】

「料理の雑学、豆知識」

隠し味(かくしあじ)とは

スポンサーリンク

和食の料理用語集

隠し味(かくしあじ)

主となる味を引き立てるために、ごく少量の調味料を加えることです。

そして、味が分かる程たくさん入れるものではありませんので注意してください。

料理を美味しくする味の効果4つ

調味料をさしすせそ順に入れる理由

【関連】

野菜の飾り切り、手順とコツ一覧

野菜の飾り切り方法一覧【料理作りに必要な詳しい切り方手順とコツ281+30種】本記事では、よく使う野菜の切り方や簡単な飾り切り方法、細工切り等を集めましたので季節演出や盛りつけ飾りの参考にされてはいかがでしょうか。※包丁には十分注意して「ケガ」をしないように仕上げてください。

料理の雑学一覧へ

日本料理の献立、それぞれの意味一覧

献立用語集一覧へ

料理別、料理用語一覧を見る

【あ段~わ段】

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】

【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】

料理用語集 50音検索一覧

今回は、かくし味の意味をご紹介いたしました。

料理の割合につきましては≫「和食の調味料割合と配合一覧」に掲載しておりますのでお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク