巻繊豆腐(けんちんどうふ)とは【和食の料理用語集】

巻繊豆腐(けんちんどうふ)の意味

スポンサーリンク

和食の料理用語集

巻繊豆腐(けんちんどうふ)とは

人参、きくらげ等の細切り野菜を崩した豆腐とともに油で炒めて下味をつけ、湯葉や金紙玉子で巻いたものを揚げたり、蒸したりした料理をいいます。

巻繊地(けんちんじ)とは

細く切った野菜を油で炒めて、その中に崩した豆腐を入れて更に加熱したもので、玉子を主にして作った場合は「玉子けんちん地」といいます。

※ 豆腐を使わずに玉子だけで作る生地の場合は、炒めないことも多いです。

煮物、焼き物、蒸し物、揚げ物などに使用する【玉子けんちんの素】今回は溶き玉子に調味料を加えて練り上げる【びしゃ玉】をご紹介したいと思いますので、料理作りにお役立てください。■けんちんの生地ですが、今回は豆腐を加えずに油で炒めない方法です。

巻繊の名の語源、意味、由来

「巻」は巻いたもの、「繊」には小さく切るという意味があり、油を使うところが特徴です。

けんちんは中国から伝えられた卓袱料理(しっぽくりょうり)のひとつで巻煎とも書き、別名を「けんちぇん」または「けんせん」といいます。

元来は、もやしを油で炒めて湯葉で巻いたものや崩した豆腐と細切り野菜を湯葉や金紙玉子で巻いてから油で揚げた料理であったとされます。

【関連】

日本料理の献立一覧を見る

【料理用語関連】

料理の雑学、豆知識一覧

【あ段~わ段】

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】

【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】

料理用語集 50音検索一覧

【和食の調味料割合】

料理別の調味料割合を見る

和食の調味料割合と配合の一覧

だし、たれ、煮汁割合50音一覧

酢の物用あわせ酢割合と配合一覧

野菜の飾り切り100選を見る

今回は巻繊豆腐の意味をご紹介いたしました。

他の料理内容につきましては≫「日本料理、会席、懐石案内所 【サイト内容一覧】」に掲載しておりますのでお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク