夏の酢の物に役立つ,きゅうりを使った緑酢の簡単な作り方

スポンサーリンク



夏の酢の物【簡単和食レシピ】

今回は、夏の酢の物で使うことが多いきゅうりのおろし酢をご紹介したいと思いますので、和食調理や会席料理の献立などにお役立てください。

きゅうりで作る夏の合わせ酢

緑酢(おろし酢)の簡単な作り方

【1】最初に、酢の物に便利な「土佐酢」をダシを取るときと同じ要りょうで合わせ、冷やしておいてください。

【関連】⇒土佐酢の詳しい割合につきましては「土佐酢を作るときの簡単な調味料割合」に掲載しておりますので参考にしてください。

※ 急ぐときや土佐酢がなくなってしまった場合は、三杯酢をダシでのばして酸味を調節すると、手早く作れます。

【2】次に、きゅうりの両端を少し切り落とし、縦半分に切ってください。

そして、中の種をスプーンなどで取り除き、すりおろしてください。

【3】このあと、すりおろしたきゅうりに【1】の土佐酢を入れて、のばしながら酸味を加えると「緑酢」の完成です。

※ 今回のきゅうりを大根に変えると冬場に役立つ「みぞれ酢」が作れ、人参に変えると秋の「紅葉酢」が作れます。

【関連】

⇒「酢の物の合わせ酢、割合一覧

⇒「きゅうりの飾り切りとコツ一覧」へ

■ 酢の物に役立つ果物の変わり酢レシピにつきましては≫「果物の甘味をいかした合わせ酢の作り方4つ」に掲載しております。

また、他の調味料割合につきましては≫「和食の調味料、割合と配合」に掲載しておりますのでお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報