みょうがを細く切る方法とコツ【刺身や素麺に役立つ薬味の切り方手順】

「夏の料理によく使うみょうがの薬味」

今回は夏野菜のみょうがを細く切る方法とコツをご紹介したいと思いますので、刺身のあしらいや素麺の薬味などにお役立てください。

スポンサーリンク

みょうがを細く切る方法

針みょうが(みょうが剣)

「切り方とコツ」

【1】最初に、みょうがをたて半分に切ってください。

みょうが,茗荷,切り方,飾り切り10

【2】次に、つぼみ状になっている下部の芯を切り取ってください。

みょうが,茗荷,切り方,飾り切り9

↓↓↓

みょうが,茗荷,切り方,飾り切り11

■ この芯を取らないと、きれいな針状になりませんので残らないよう切り落としてください。

【3】このあと、丸い方を上にして置き、切り初めは包丁の峰を外側に倒して刃が内側に入るようにしてください。

■ みょうがは丸みがありますから、真っすぐ刻むと玉ねぎの端を切ったときと同じような楕円形になります。

みょうが,茗荷,切り方,飾り切り12

【4】そして、外側に寝かせた包丁を少しずつ立てながら切り進んでください。

みょうが,茗荷,切り方,飾り切り13

【5】最後の部分も丸みがありますので、楕円形にならないよう細く刻んで水にさらすと「針みょうが」の完成です。

刺身のつま(みょうがけん)に使うときに立てて盛りつけると写真のようになります。

みょうが,茗荷,切り方,飾り切り,針,けん

注:包丁には十分注意して手をけがしないように仕上げてください。

※ みょうがは辛味と繊維が強いですから、薬味として使うときは半分に切ると食べやすくなります。

【関連】

≫「簡単な飾り切り手順一覧」へ

⇒「野菜の飾り切り、手順とコツ一覧

⇒「刺身の盛りつけに役立つわさび台

⇒「みょうがの酢漬けを作る方法とコツ」へ

【参考】

⇒「夏の料理、和食の献立一覧

⇒「酢の物を作るときのあわせ酢割合一覧

次の切り方を見る⇒飾り切りのコツ一覧

次回は違う飾り切りでお目にかかりたいと思います。

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報