野菜の飾り切り【地紙大根の切り方】刺身や煮物に役立つ日本料理のむきもの

スポンサーリンク


日本料理の飾り切り~【地紙大根】

野菜のむきもので季節を演出する方法~会席料理の刺身や煮物に役立つ飾り切り

今回の飾り切りは、大根で地紙を切る方法をご紹介したいと思います。

この【地紙大根】は会席料理の刺身飾りや大根のけん代わり、煮物や大皿盛りなどに利用できますのでお役立てください。

■「地紙」とは、傘や扇子に張る厚紙のことをいいます。

日本料理~野菜の飾り切り【地紙】を作る方法

IMG_2050

地紙大根の飾り切り~基本の切り方手順

「作り方」

【1】まず、大根を輪切りにして皮を丸くむいてください。

IMG_2051

このあと、写真の「げっかん抜き」という道具を使います。

IMG_1986

【2】次に、げっかん抜きで中心をくり抜いて輪にしてください。

IMG_2040

↓↓↓

IMG_2041

↓↓↓

IMG_2044

※ この状態で薄く切ると、刺身や煮物に使う飾り切りの「蛇の目大根」として使えます。

【3】そして、この輪を3等分にしてください。

IMG_2045

3つに切って「地紙大根」の完成です。

↓↓↓

IMG_2050

この【地紙大根】は日本料理や会席料理の刺身・煮物などで役立つ飾り切りですので参考にしてみてください。

注:包丁には十分注意して手をけがしないように仕上げてください。

和食のむきもの、飾り切り関連

■⇒野菜の飾り切り【切り方のコツ一覧】

■⇒大根の飾り切り ■⇒人参の飾り切り

■⇒胡瓜の飾り切り ■⇒冬瓜の飾り切り

■⇒南瓜の飾り切り ■⇒蓮根の飾り切り

日本料理の飾り切り~むきもの道具の名称一覧

次回は、違う飾り切りでお目にかかりたいと思いますのでお役立てください。

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報