鯛の子を煮るときの詳しい下処理方法【春の旬食材、魚介類レシピ】

 
■ 当サイトをご覧の方々並びに全国の皆様におかれましては、お身体に十分注意していただきたく存じます。
 

春の食材【鯛の子の下処理方法】

今回は鯛の卵巣を花が咲いたように煮るときの下処理手順をご紹介したいと思いますので、春の献立の参考にされてはいかがでしょうか。

食材の下ごしらえ

鯛の卵巣の下ゆで手順

【1】最初に、卵巣の表面にある血管の太い部分に金串や針で小さい穴を開けてください。

そして、爪ようじでやさしくこすりながら、血を穴の外に押し出してください。(細い血管の血は太い部分に送り出す)

■ このとき、爪ようじを血管に添わせながら、寝かせてこすると取りやすいです。

【2】次に、鯛の子の側面から包丁を入れて、皮を開いてください。

↓↓↓

↓↓↓

【3】開いた子を3つに切り分けてください。

■ 子が大きい場合は4つに切り、小さいときは2つに分けてください。

【4】このあと、晴れた日の夜空に光る星ていどのうす塩をふり、約30分間おいて余分な水分を取ってください。

ゆでる工程とコツ

【5】子に塩をしている間に少量の酒を加えた湯を沸かしてください。

【6】そして、沸騰させないように加減しながら、子をやさしく湯に入れてください。

そうすると、加熱により皮がちぢんで花が咲いたようになります。

臭みを取るコツ

■ ゆでるときに生臭さが気になる場合は、別鍋にも湯を沸かしておき、湯をかえながら3回ていど加熱すると、しっかりと取れます。

【7】最後に、鯛の子をざる、または裏ごしなどの網にのせ、余分な水分を飛ばしてから酒、塩、砂糖、醤油などで煮てください。

【鯛の子の陸上げ】

陸上げ(おかあげ)の意味

【煮物レシピ】

鯛の子を使った【花煮】の作り方手順

鯛に関連した料理内容一覧

鯛の白子の下処理方法

【飲食店で食べなくても家庭で作れる鯛のお寿司】意外と簡単・基本調理と豆知識・Japanese food

【鯛の赤飯蒸し湯葉あんかけの作り方】基本調理と豆知識・Japanese food

【関連】

食材の下処理一覧

わらびの簡単なアク抜き方法と

【灰あく汁の作り方手順】

甲いかのさばき方、手順とコツ一覧

さばく、おろす、開くの違いとは

春の料理を演出する桜関連の記事

煮物レシピの関連記事一覧

春の食材50音順一覧表

野菜の飾り切り100選

調味料割合と配合一覧

今回は鯛の子の下処理をご紹介いたしました。

他のレシピ等につきましては≫「本サイトの料理内容一覧」に掲載しておりますのでお役立ていただければ幸いです。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。