春の旬食材【鯛の子】を煮るときの詳しい下処理方法

スポンサーリンク


春の食材【鯛の子の下処理方法】

今回は鯛の卵巣を花が咲いたように煮る前の下処理手順をご紹介したいと思いますので、春の献立の参考にされてはいかがでしょうか。

食材の下ごしらえ

鯛の卵巣の下ゆで手順

【1】最初に、卵巣の表面にある血管を、爪ようじで皮をやぶらないよう、やさしくこすりながら、血を外側に押し出してください。

■ このとき、爪ようじを血管に添わせるよう、寝かせながらこすると取りやすいです。

【2】次に、鯛の子の側面から包丁を入れ、皮を開いてください。

↓↓↓

↓↓↓

【3】そして、開いた子を3つに切り分けてください。

■ 子が大きい場合は4つに切り、小さいときは2つに分けてください。

【4】このあと、晴れた日の夜空に光る星ていどのうす塩をふり、約30分間、余分な水分を取ってください。

ゆでる工程とコツ

【5】子に塩をしている間に少量の酒を加えた湯を沸かしてください。

【6】そして、沸騰させないよう加減しながら、子をやさしく湯に入れてください。

そうすると、皮が熱でちぢんで、花が咲いたようになります。

「臭みを取るコツ」

■ ゆでるときに生臭さが気になる場合は、別鍋にも湯を沸かして、湯をかえながら3回ていど火を通すと、しっかり取れます。

【7】このあと、鯛の子をざる、または裏ごしにのせて、余分な水分を飛ばしてから酒、塩、砂糖、醤油などで煮てください。

「鯛の子の陸上げ」

陸上げ(おかあげ)の意味はこちらです。

【煮物レシピ】

鯛の子を使った【花煮】の作り方手順

鯛の子を使った【花煮】今回は鯛の卵巣を花が咲いたように煮る「花煮」をご紹介したいと思いますので、春の料理作りの参考にされてはいかがでしょうか。

【関連】

甲いかのさばき方、手順とコツ一覧

【食材の下処理方法】今回は春に旬をむかえる「甲いか」のさばき方手順や皮むきのコツをまとめましたので、和食の献立や調理の参考にされてはいかがでしょうか。

さばく、おろす、開くの違いとは

春の料理を演出する【桜】関連の記事へ

今回は鯛の子の下処理をご紹介いたしました。

他の下ごしらえにつきましては≫「食材の下処理一覧」に掲載しておりますのでお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報