春が旬の食材【鯛の白子】を下処理するときの簡単な方法

 


【春の食材、下処理方法】

今回は鯛の白子の下ごしらえをご紹介したいと思いますので、献立作成や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

魚介類の下処理方法

鯛の白子の下ごしらえ手順

【1】最初に、水1000㏄に対して30gの塩を加えた食塩水(立塩)をボールや容器に作ってください。

【関連】立塩の詳しい内容につきましては
≫立塩(たてじお)の意味とは【和食の料理用語集】に掲載しております。

【2】次に、鯛の白子を【1】の食塩水につけながら水洗いしてください。

■ この食塩水(立塩)は、海水とほぼ同じ濃度ですので、他の海水魚の臭み取りや赤貝、鳥貝、かきなどの貝類を洗うときにも使えます。

【3】そして、水分をふいてから、白子についている余分な皮や粘膜などを切り取ると下処理完了です。

「調理例」

このあと、白子焼きを作る場合は水900㏄に100㏄の酒を入れ、食塩を大さじ1杯加えたところに約1時間つけると塩味がつきます。

そして、煮る場合は熱湯に通す「霜降り」をすると臭みが取れますので参考にされてはいかがでしょうか。

霜降りの意味とは

鯛の白子を甘辛く煮る田舎煮の作り方

【煮物レシピ】

鯛の子を煮るときの詳しい下処理方法

鯛の子を使った【花煮】の作り方手順

鯛の子を使った【花煮】今回は鯛の卵巣を花が咲いたように煮る「花煮」をご紹介したいと思いますので、春の料理作りの参考にされてはいかがでしょうか。

【関連】

甲いかのさばき方、手順とコツ一覧

【食材の下処理方法】今回は春に旬をむかえる「甲いか」のさばき方手順や皮むきのコツをまとめましたので、和食の献立や調理の参考にされてはいかがでしょうか。

さばく、おろす、開くの違いとは

春の料理を演出する【桜】関連の記事へ

今回は、白子の下処理をご紹介いたしました。

他の下ごしらえにつきましては≫「食材の下処理一覧」に掲載しておりますのでお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。