鯛の子を使った【花煮】の作り方手順【春の煮物 お献立】

 


鯛の子を使った【花煮】

今回は鯛の卵巣を花が咲いたように煮る「花煮」をご紹介したいと思いますので、春の料理作りの参考にされてはいかがでしょうか。

春の煮物、たき合わせ

鯛の子の花煮の作り方手順

【1】最初に、鯛の子を下処理して臭みを取りのぞき、花が咲いたようにゆでてください。

鯛の子の下ゆで手順につきましては≫「春の旬食材【鯛の子】を煮るときの詳しい下処理方法」に掲載しております。

春の食材【鯛の子の下処理方法】今回は鯛の卵巣を花が咲いたように煮る前の下処理手順をご紹介したいと思いますので、春の献立の参考にされてはいかがでしょうか。

【2】次に、水、だし、酒、うす切りしょうがを鍋に入れ、鯛の子を加えて煮立たせないように温度を上げて、アクを取りながら5分間煮てください。

「水、だし、酒の割合」

だし

※ 煮汁を煮立たせると、表面の子がはずれますので注意してください。

【3】そして、砂糖を加えてから、さらに5分間煮てください。

※ 鯛の子を煮るときに「みりん」を使うと粒がかたくなりますので、甘味は砂糖でつけてください。

【4】このあと、塩で味を調節し、さらに20分間、鯛の子をおどらさないよう静かに煮てください。

■ このときの味の目安は「甘みのある濃いめの吸い物だし」程度です。

【5】そして、仕上げにうす口醤油で色と香りをつけて、さらに5分間煮てください。

【6】最後に、そのまま冷まして味をなじませると「花煮」の完成です。

【関連】

春の料理を演出する【桜】関連の記事へ

今回は鯛の子の花煮をご紹介いたしました。

他の煮物につきましては≫「煮物レシピ一覧」に掲載しておりますのでお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。