鯛のちり蒸しの作り方【鯛かぶとを使った温物の献立】

 
■ 当サイトをご覧の方々並びに全国の皆様におかれましては、お身体に十分注意していただきたく存じます。
 

和食の献立【蒸し物調理

今回は本サイトの「蒸し物レシピ」から鯛のちり蒸しをご紹介したいと思いますので、料理作りの参考にされてはいかがでしょうか。

鯛かぶとのちり蒸しの作り方

ちり蒸しの意味

鯛の下処理工程

【1】半分に切り分けた鯛の頭に塩をして約1時間おき、霜降りしたものを、冷水に落として血合いとうろこを取り除いてください。

蒸す工程

【2】次に、昆布を敷いた蒸し物用の器やバットに鯛の頭と切り分けた絹ごし豆腐を入れ、酒を振りかけてから蒸してください。

蒸し器の蓋を開けるさい、高温の蒸気が吹き出ますので「ヤケド」には十分注意してください。

【3】そして、半分程度火が通ったところで軸を切り落とした椎茸を加え、さらに蒸してください。

仕上げの工程

【4】9割程度火を通したところに塩ゆでした菊菜や法蓮草などの青味野菜を加え、温める程度に加熱してください。

■ 蒸し上がりの目安:鯛の目が白くなった状態を目安にしてください。

【5】最後に、鯛の頭に針ゆず、輪切りのすだち、レモン等の香りをのせ、ポン酢を添えると完成です。

【盛りつけ例】

鯛の骨蒸し,春の献立

レモンの飾り切り一覧

すだちの飾り切り一覧

針ゆずの詳しい切り方手順

ポン酢の簡単な調味料割合と作り方

鯛に関連した料理内容一覧

【鯛の赤飯蒸し湯葉あんかけの作り方】基本調理と豆知識

【関連】

蒸し物レシピ関連記事

野菜の飾り切り方法【100選】

蒸し物の献立一覧

蒸し物用語集 50音順一覧

料理別の調味料割合と配合一覧

今回は鯛のちり蒸しをご紹介いたしました。

他のレシピにつきましては≫「本サイトの料理内容一覧」に掲載しておりますので、お役立ていただければ幸いです。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。