野菜の飾り切り【うちわ冬瓜の切り方とコツ】日本料理、夏のむきもの

スポンサーリンク



【うちわ冬瓜の切り方手順】

今回は冬瓜でうちわを作る方法と切り方のコツをご紹介したいと思います。

そして、この「うちわ冬瓜」は刺身のあしらいや冷たい煮物など、夏の演出に効果がありますので、和食調理にお役立てください。

夏に役立つ冬瓜の飾り切り

うちわ冬瓜の詳しい切り方とコツ

「切り方」

【1】最初に、冬瓜の表面を包丁のみね側や、お好み焼きを食べるときのへらでこすりながら、皮を薄くけずり取ってください。

注:冬瓜の皮は取りにくくて滑りやすいですから、包丁でされる場合はけがをしないよう、必ず体から外側に刃を向けて動かしてください。

やり直し,とうがん,冬瓜,飾り切り

↓↓↓

やり直し,とうがん,冬瓜,飾り切り

↓↓↓

やり直し,とうがん,冬瓜,飾り切り

※へらがある場合は、そちらの方が安全です。

一文字,へらimg_5135

【2】次に、冬瓜の種を取り除き、小さく切り分けてください。

やり直し,とうがん,冬瓜,飾り切り

↓↓↓

やり直し,とうがん,冬瓜,飾り切り

↓↓↓

やり直し,とうがん,冬瓜,飾り切り

【3】そして、角に丸みをつけて、うちわの原形を作ってください。

やり直し,とうがん,冬瓜,飾り切り

【4】この後、くり抜きや包丁の刃先で半円形の切り込みを約3㎜の深さに入れてください。

やり直し,とうがん,冬瓜,飾り切り

【5】そして、切り込みを入れた筋に刃をそわせながら包丁を動かして、緑色の皮を薄く切り取り、白と緑の2色にしてください。

やり直し,とうがん,冬瓜,飾り切り

↓↓↓

やり直し,とうがん,冬瓜,飾り切り

↓↓↓

やり直し,とうがん,冬瓜,飾り切り

↓↓↓

やり直し,とうがん,冬瓜,飾り切り

【6】この後、うちわの骨組みになる筋目を、放射状に入れてください。

■ この切り込みは、先に3か所を均等に入れてください。

やり直し,とうがん,冬瓜,飾り切り

そのあと、間に1本ずつ切り込んで計5か所の筋を入れると、バランスよく入ります。

やり直し,とうがん,冬瓜,飾り切り

【7】最後に、うちわの持ち手部分につまようじを刺すと「うちわ冬瓜」の完成です。

やり直し,とうがん,冬瓜,飾り切り

注:包丁には十分注意して手をけがしないように仕上げてください。

■ 今回の飾り切りは夏会席料理の演出に役立ちますので参考にしてください。

■⇒野菜の飾り切りとコツ一覧

【関連】

⇒「簡単な飾り切り手順一覧

⇒「刺身の盛りつけに役立つわさび台

⇒「和食の飾り切り、むきもの道具一覧

次の切り方を見る⇒飾り切りのコツ一覧

次回は違う飾り切りでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク