鍋物に使う【ちりれんげ】の歴史と語源、和食の料理用語集

スポンサーリンク


【料理の雑学、豆知識】

今回は鍋物やご飯物を食べるときに使う「ちりれんげ」の歴史と語源をご紹介したいと思いますので、料理雑学の参考にされてはいかがでしょうか。

和食の食器豆知識、ちりれんげの歴史と語源

ちりれんげとは

略称を「れんげ」といい、鍋物や中国料理でよく使う、深みのある匙(さじ)の一種です。

ちりれんげの歴史

日本に伝来したのは平安時代といわれ、当時は貴族社会で飯を器に盛る道具として使われていました。

ちりれんげの語源、由来

ちりれんげの名は「散ったれんげの花」に形が似ていることからつけられています。

【関連】

鍋物レシピの一覧

鍋料理を作るときの煮汁割合一覧

「鍋だしの割合、配合50音一覧」今回は鍋物を作るときの煮汁をまとめましたので、冬の献立や鍋料理の参考にしてください。■各割合に移動いたします。料理名を選んでお役立てください。

今回は食器の豆知識をご紹介いたしました。

他の雑学につきましては≫「料理の雑学、豆知識一覧」に掲載しておりますのでお役立てください。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報